「トイレ」は英語で何て言う?発音、スペル表記もまとめて紹介!

「トイレ」は英語で何て言う?発音、スペル表記もまとめて紹介!

日本ではトイレに「WC」と表記されているのをよく見かけますが、英語で「トイレ」は何と言うのでしょうか?トイレの英語表現は様々で、アメリカ、イギリス、カナダなど国によっても異なります。この記事では、発音・スペル表記と共に、トイレの英語表現をご紹介していきます。

岡田さん

岡田さん

英語でトイレの場所を聞きたい時って「Where is the toilet?」で伝わりますか?

ミランダ

ミランダ

英語で「トイレ」は「toilet」だと思っている人が多いけど、「toilet」は「便器」という意味で使われることが多いから、「Where is the toilet?」という表現は不自然よ。

岡田さん

岡田さん

そうなんですね!それじゃあ「トイレ」は英語で何と言うんですか?

ミランダ

ミランダ

トイレの英語表現は色々あるわよ。今日は、「多目的トイレ」「男性用トイレ」「女性用トイレ」など様々な英語表現を、発音・スペル表記と一緒にみていきましょうか!

トイレは英語で何て言う?

男子トイレ
Photo bymarkusspiske

普段生活している中で、「これって英語で何て言うんだろう」とふと気になることはありませんか?

日本のトイレはよく「WC」と表記されていることがありますが、英語でも「WC」と言えば伝わるのでしょうか?それとも「トイレ」と言えば通じるのでしょうか?

トイレ=toilet(トイレット)?

「トイレ」は、「toilet(発音:tˈɔɪlət)」の和製英語です。しかし、英語で「toilet(トイレット)」は「便器」という意味のため、トイレがどこにあるのか尋ねたいときなどに「Where is the toilet?」と言うことはありません。

イギリスやオーストラリアなどイギリス英語が使われている地域では「toilet(トイレット)」と表現しても伝わりますが、アメリカなどではとても不自然な表現になってしまうので注意しましょう。それでは、英語で「トイレ」と言いたい時は何と言えば良いのでしょうか?

この記事では、「トイレ」の英語表現を発音・スペル表記とともにご紹介していきます。「多目的トイレ」「男性用トイレ」「女性用トイレ」など様々な表現があるので、是非ご覧ください。

トイレの英語表現:Bathroom(発音:bˈæθrùːm)

トイレとバスタブ
Photo byjarmoluk

映画などで見たことがあると思いますが、アメリカなどの海外の家では、上の写真のようにお風呂とトイレが一緒になっていることが多いです。そのため家の中のトイレは、バスタブが付いていないものでも「Bathroom(バスルーム)」と言われます。スペル表記で見ると、バスタブが付いていないトイレを「Bathroom(バスルーム)」と表現するのは少し不自然に感じるかもしれませんが、イギリス圏では、家の中だけでなくレストランなどのトイレも「Bathroom(バスルーム)」と表現します。

トイレの英語表現:Restroom(発音:rɛ́strùm)

赤いタイルの背面とトイレとシャワー
Photo bychriskeller

家の中のトイレは「Bathroom(バスルーム)」と表現するとご紹介しましたが、家の外のトイレは何と言うのでしょうか?レストランなどのトイレは、英語で「Restroom(レストルーム)」と言います。

「Restroom(レストルーム)」は、直訳すると「休憩室」という意味になるので、座って休憩するような場所のことだと思ってしまいそうですが、「Restroom(レストルーム)」は休憩するための部屋ではなく、トイレのことを指します。

デパートなどのお手洗いに行くと、トイレだけでなく休憩室や化粧台があったりしますよね。そのようなところから、休憩室という意味の「Restroom(レストルーム)」が使われるようになったのかもしれません。

ちなみに、イギリス英語圏では「Restroom(レストルーム)」という表現はあまり使われません。

トイレの英語表現:Washroom(発音:wɑ́ʃrùm)

男女のトイレのマーク
Photo byOpenIcons

カナダでは、トイレのことを「Washroom(ウォッシュルーム)」と言います。カナダ英語では、家のトイレだけでなく、公衆のトイレも男性用女性用関係なく「Washroom(ウォッシュルーム)」と言います。

トイレの英語表現:WC

日本でトイレの表記としてよく使われる「WC」は、「Water Closet」の略表記です。

この「WC」という表現は、昔水洗トイレが普及し始めた頃に、ボットン便所と区別するために使われていた表現で、現在はほとんど使われていません。日本でも「水洗トイレ」という表現はもう使われていませんよね。それと同じように、この「WC」という表現も日本以外ではほとんど見かけることはありません。

トイレの英語表現:多目的トイレ

日本では、ショッピングモールやデパートなどあらゆる所に、子連れの方や車椅子の方が使いやすい多目的トイレが設置されていますよね。海外では、LGBTや性差別の問題にとても敏感なため、男女どちらでも使えるような多目的トイレも存在します。

このような多目的トイレは、英語では何と表現するのでしょうか?多目的トイレに相当する英語表現には以下のようなものがあります。

Family Restroom(発音:fˈæm(ə)li rɛ́strùm)

「Family Restroom(ファミリーレストルーム)」は、母子用のトイレであることが多く、オムツ替えの台が設置してあったり、ベビーカーも入れるように広く設計されていたりします。また、授乳用に水やお湯などの機械が設置されていることもあります。

Accessible Restroom(発音:æksésəbl rɛ́strùm)

こちらの「Accesible Restroom/Bathroom(アクセシブルレストルーム/バスルーム)」という表現は、車椅子用のトイレの表記として使われることが多いです。

かつては、「Disabled Toilet」と表記されることもありましたが、差別的表現だという声もあり、最近では「Accesible Restroom/ Bathroom」(アクセシブルレストルーム/バスルーム)が使われるようになりました。

トイレの英語表現:その他

接客業などで、「トイレに行ってきます」という表現を「3番」や「4番」「花を摘む」などと言うことがありますよね。これと同じように、英語にもトイレの隠語やスラングが存在します。また、男性用女性用を分けて言う言い方もあります。ここからはそういった表現をご紹介していきます。

Powder Room(発音:pάʊdɚ rúːm)

日本でも最近見かけることが多くなった「Powder Room(パウダールーム)」という表現。こちらは、男性用のトイレに対して使われることはほとんどなく、女性用のトイレの意味で使われることが多いです。日本語の「化粧室」のような表現です。

Men's Room(発音:mɛ́nz rúːm)/ Ladies' Room(発音:léɪdiz rúːm)

男性用トイレは「Men's Room(メンズルーム)」、女性用トイレは「Ladies' Room(レディースルーム)」と表現されることもあります。男性用女性用の区別がはっきりしていて分かりやすいですね。

また、男性用トイレは「Gents'(ジェンツ)」と表現されることもあります。こちらは「Gentlemen(ジェントルマン)」の省略形で、「Gentlemen's Room(ジェントルマンズルーム)」と表記されることもあります。「Gentlemen's Room(ジェントルマンズルーム)」の方が、「Men's Room(メンズルーム)」よりも丁寧でフォーマルな印象です。

Loo(発音:lúː)

「Loo(ルー)」は「トイレ」の口語表現です。発音、スペル共にとても簡単で覚えやすいですが、文語や標識として使われることはほぼなく、カジュアルな日常会話の中でしか使われません。特に女性が使うことが多いです。

the John(発音:ðə dʒάn)

「the John(ザ・ジョン)」は、トイレのスラング的な表現です。

16世紀後半から17世紀初期に生きたイギリスのジョン・ハリントンが、水洗式トイレを発明・普及させたとされたことから、「the John」と言われるようになりました。(水洗トイレの発明者には諸説あり、現在はジョン・ハリントンが発明者ではないと言われています。)

トイレの英語表現まとめ

ペンと紙
Photo byrawpixel

この記事では、様々なトイレの英語表現についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?発音もスペルも難しいものはないので、すぐに覚えられる思います。アメリカ、イギリス、カナダなど、同じ英語でも国によって表現が違うこともあるので、是非色々な表現を勉強してみてください。

今後街でトイレに行く際には、どのような表記が使われているのか気にして見てみると、面白いかもしれませんね。

Reserve btn pc

関連する記事

RANKING

記事を評価する

記事を評価しよう

本田圭佑も受講中の英語スクール >