英語を話したいならやるべき英会話勉強法|話せるようになるには?を一発解決!

英語を話したいならやるべき英会話勉強法|話せるようになるには?を一発解決!

英語を話せるようになるにはどうしたらいいのかと悩む英語学習者は多いですが、「英語を話したい」と一口に言っても、取るべき対策は人それぞれ異なります。この記事では、「英語を話したい」「英会話を勉強したい」という方のために、課題別のスピーキング勉強法をご紹介します。

岡田さん

岡田さん

ミランダさん、なかなかスピーキング力が向上しないのですが、英語を話せるようになるにはどうすれば良いのでしょうか?

ミランダ

ミランダ

「スピーキングができない」と一口に言っても、その原因は人それぞれなのよ。どこに課題があるのかによって、やるべき勉強法は異なるわ。今日は、それぞれの課題ごとにどのようなトレーニングを行うべきか紹介するわね!

岡田さん

岡田さん

ありがとうございます!!

英語を話せるようになるには?話したいなら知っておくべき英会話の5ステップ

ハワイ島

「もっと英語を話せるようになるにはどうしたら良いのだろうか」と悩んでいる英語学習者の方は多いですが、「スピーキングができない」と一口に言っても、その原因は様々です。

英会話は、大きく分けてリスニングとスピーキングの2つに分類されますが、それぞれを細かく分解すると、全部で5つのステップに分けることができます。

リスニング
①音声知覚:耳でキャッチした英語の音声信号を自分の知っている音に結びつける
②意味理解:音声知覚した音がどういう意味なのかを理解する

スピーキング
①概念化:頭の中で言いたいことを考える
②文章化:概念化した文章を英語の文章にする
③音声化:文章化した英語を口から発音する

英会話ができないという方は、上記5つのステップのどこか1つまたはそれ以上で躓いており、それぞれどのステップで躓いているのかによって取るべき対策は大きく変わってきます。

この記事では、スピーキングの3ステップで躓いている方のために、それぞれのステップごとにおすすめの勉強法をご紹介していきます。「英語を話したい!」「英会話を勉強したい!」という方は、是非ご覧ください。

英語を話したい人がやるべき英会話勉強法①概念化の強化

マーケット

英語を話せるようになるには、まずは概念化ができなければ何も始まりません。

概念化とは、頭の中で言いたいことを考えることだとご紹介しましたが、「概念化の強化」とは一体どういうことなのでしょうか?

概念化の強化とは?

日本語は、起承転結で話を進めていきますが、英語はまず始めに結論を伝え、その後に根拠を述べます。

この違いを無視して、英語を話す際にも日本語と同じように言いたいことを考えてしまうと、とても分かりづらい英語になってしまいます。

英語を話すときには「結論→根拠」の順番で自分の言いたいことを考える必要があります。

このように、英語に適した概念化ができるようになるために有効なのが、オンライン英会話です。オンライン英会話で、言いたいことを「結論→根拠」の順で考えて話すトレーニングをすることで、英語を英語の論理で話す習慣を身につけることができます。

オンライン英会話は、概念化の強化としてだけでなく、もちろんスピーキングのアウトプット練習の場にもなります。ここでは、オンライン英会話をより有意義な場にするための3つのポイントをご紹介します。

オンライン英会話のポイント①ディレクションする

オンライン英会話は、講師の質にばらつきがあります。そのため、その日の担当講師によっては無駄な時間を過ごすことになりかせません。できるだけそういったことをなくすためには、自分で講師をしっかりディレクションして、積極的に講義をコーディネートすることが大切です。ここでは、オンライン英会話を自分主導で進めていく上で使えるフレーズをご紹介していきます。

自己紹介とトピック指定をする

レッスンの始めには、自己紹介をして何について話すのかトピックを伝えましょう。

Hello, my name is Miko. Today, I would like to talk about topic: A and B.
初めまして、みこと言います。今日はAとBのトピックについてお話をさせてください。

フィードバックを事前にお願いする

レッスンの最後にはフィードバックをもらった方が次回に生かすことが出来ます。フィードバックがほしい旨は事前に伝えておきましょう。

Since I am not so confident about my grammar and vocabulary, could you check carefully and give me your feedback afterwards?
私は文法と語彙に自信がないので、のちほどその2点についてフィードバックいただけますか?

相手が何と言ったのか聞き返す

何と言ったのか聞き取れなかった場合は、そのままにせず聞き返しましょう。これも、英語を話す練習になります。

I couldn't catch what you just said. Can you say that again?
今何と仰ったのか分からなかったので、もう一度仰っていただけますか?

Can you send what you just said to me through this chat?
今仰ったことをこのチャットで投げて頂けますか?

トピックを切り替える

同じトピックについてだらだらと話が続いてしまっている場合には、こちらのフレーズで次のトピックに移りましょう。

Sorry to interrupt you, but since 15 minutes has already past, can we go to the next topic?
途中で中断して申し訳ないですが、すでに15分経ってしまったので、次のトピックについて話し合ってもいいでしょうか?

オンライン英会話のポイント②言い換えを意識する

オンライン英会話をしていると、自分が言いたいことの英語表現が思いつかないということがよくあります。

そんなときは、諦めるのではなく別の言葉で言い換えて話すことを心がけましょう。英語を話せるようになるには、こういった積み重ねがとても大切です。

例えば以下の言葉を言い換えてみましょう。

初心
→基本に立ち返る

go back to the basics

入国審査官
→入国オフィスで働いている人

people who work at immigration


このように、自分が英語にできそうな日本語に言い換えてから英訳することで、伝えたいことを話せるようになります。言い換えるときは、その言葉を説明するイメージで行うのがポイントです。

オンライン英会話のポイント③振り返る

オンライン英会話は、やりっぱなしで終わるのではなくしっかりと振り返りをしましょう。

振り返りの方法としては、言いたかったのに言えなかったことを日本語で書き出し、改めてどう言えば良かったのかを考えます。そんなこといちいち覚えていられないという方は、オンライン英会話の音声を録音しておきましょう。

「鉄は熱いうちに打て」と言いますが本当にその通りで、「言いたくても言えなかった」という悔しい気持ちがあるうちに復習しておくと、知識が頭に定着しやすいです。できるだけ、オンライン英会話が終わったらそのまま復習タイムに入りましょう。

英語を話したい人がやるべき英会話勉強法②文章化の強化

標識

最初にご説明した通り、言いたいことを英語の文章にするのが文章化ですが、文章化する方法には以下の2通りがあります。

①自分の知っている単語と文法を組み合わせる
②例文暗記


これを見ると、「例文をたくさん覚える方が楽かも!」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、暗記した例文だけで文章化するのはとても非効率です。

例文を300個覚えても300通りの文章しか作れませんが、単語を200個覚えて文法を100個覚えていれば2万通りの文章を作ることができます。

英語を話せるようになるには、単語と文法の知識を増やしてそれらを組み合わせた方が、たくさんの例文を暗記するよりも効率的です。

文章化の勉強法①自分の知っている単語と文法を組み合わせる

自分の知っている単語と文法を組み合わせて文章化する上で最も重要であり難しいのが、「知っている単語や文法を自分の頭から瞬時に引っ張ってくる」ということです。いくらたくさんの単語と文法を覚えていても、瞬時に使うことができなければ英会話では役に立ちません。文章化においては、このスピードを鍛えることがとても重要になってきます。

それでは、瞬時に引っ張ってくる力をつけるにはどうすればいいのでしょうか?

瞬時に引っ張ってくるトレーニングとは?

自分の頭から必要な情報を瞬時に引っ張ってこれるようになるためには、「単純な日本語を、自分が知っている英単語と文法を使って英語に変換する」というトレーニングを繰り返すのが効果的です。

もし中学校の教科書があればそれを使ってもいいですし、書店でもスピーキングのトレーニング教材として中学生レベルの英文を集めたようなものはいくらでもあります。それらを使って、和文を見て英語に変換するという練習を繰り返しましょう。

このトレーニングは、頭から引っ張り出すスピードを速めるためのものなので、難しい英単語や文法を使って練習する必要はありません。

ここで大事なのは、実際に英文を声に出してトレーニングするということです。日本語を見てそれを瞬時に英語で話すことができるようになるまで、「This is a pen.」「My name is...」といった簡単な文でも、声に出して発音しましょう。そうすることで、耳や口からも英語を学習することができ効果的です。

文章化の方法②例文暗記

先程もお話した通り、文章化の方法は単語や英文法の組み合わせが基本ですが、一部フレーズで覚えておいたほうが良いものもあります。例えばネイティブ独特の言い回しやスラングなどは、そのまま例文暗記しておいたほうが効率的です。

いくつかフレーズを紹介している記事を載せておくので、よろしければご覧ください。

英語を話したい人がやるべき英会話勉強法③音声化の強化

ワイキキビーチ

音声化は、実際に声に出して発音するフェーズです。

皆さんの中に、「せっかく英語をたくさん勉強して正しい文法で話せるようになったのに、相手に自分の英語が伝わらない」という方はいませんか?こういった方は、発音に問題がある可能性が大です。単語も文法も知識は十分なのに発音のせいで英語が話せないなんて、こんなに悔しいことはありません。そんな方は今すぐに正しい発音を学びましょう。

発音の勉強法としては、発音教材を使って一つ一つの発音を何度も練習していくのがベストではありますが、私は無料アプリを使った勉強法をおすすめします。

ここではおすすめの無料アプリを2つご紹介するので、是非活用してみて下さい。

無料アプリ①発音博士

まず始めにご紹介する無料アプリは、自分の発音を矯正してくれる「発音博士」です。

こちらのアプリでは、指定した単語の音声が読み上げられた後に自分もその単語を読み上げます。読みあげた単語は採点され、音が完璧であれば100点でファンファーレが鳴ります。間違いがあると減点されますが、どの部分に問題があったのかを教えてくれるので改善に繋げることができます。

無料アプリ②English Ear Game

こちらは、聞き分けが難しい発音をどこまで聞き取ることができるのかチェックできる無料アプリです。

例えば「L」と「R」の場合、「Light」と「Right」が表示され音声が流れます。そして、読み上げられたのはどちらの単語だったのかを瞬時に選択します。レベルによって問題数は変わりますが、3回間違えるとゲームオーバーです。

正しい発音ができるようになるためには、まずは正しい発音を聞き分けることができるようになる必要があります。

英語をもっと話したいあなたへ

自転車

この記事では、もっと英語を話せるようになるにはどうしたらいいのかを、スピーキングの3ステップそれぞれの項目に分けてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

英語を習得したいと思っても、あれもこれも色んな勉強法を試している暇はありませんよね。自分の弱点を知り、その弱点にピンポイントで対策を講じることで、効率的に英語を習得していきましょう。

Reserve btn pc

関連する記事

RANKING

3か月で使える英語を身につけたいなら >