英語で自己紹介|ビジネス英会話で使える自己紹介文のテンプレート付き!

英語で自己紹介|ビジネス英会話で使える自己紹介文のテンプレート付き!

海外の方との商談や海外出張先で、英語の自己紹介を求められて困ったことはありませんか?この記事では、ビジネス英会話で使える英語の自己紹介文を、簡単なものから長文のものまで例文やテンプレートを使ってご紹介します。これを機に、スマートな自己紹介をマスターしましょう。

岡田さん

岡田さん

今度、仕事でニューヨーク支社に出張するんです。

ミランダ

ミランダ

そうなの!それは英語を使う機会がたくさんありそうね。ビジネスシーンで先方としっかりと関係性を築くためには、まずはスマートに自己紹介することが大切よ。

岡田さん

岡田さん

なるほど。確かに自己紹介は大切ですね!

ミランダ

ミランダ

岡田さん、英語で自己紹介した経験はあるの?

岡田さん

岡田さん

いえ、実は初めてなので少し不安だったんです。ビジネスの場面で上手に自己紹介する方法を教えてもらえませんか?

ミランダ

ミランダ

もちろんいいわよ!今日は、英語で自己紹介する時に使えるフレーズを、テンプレートや例文を使って教えてあげるわね!

記事の目次

  1. 1.ビジネス英語の自己紹介をスマートに決めるには?
  2. 2.ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート①簡単な自己紹介
  3. 3.ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート②スピーチの自己紹介
  4. 4.ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート③仕事に関する自己紹介
  5. 5.ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート④雑談での自己紹介
  6. 6.ビジネス英会話で使える長文の自己紹介例文
  7. 7.ビジネス英語での自己紹介まとめ

ビジネス英語の自己紹介をスマートに決めるには?

スーツ姿の女性です。
Photo byFotografieLink

人の第一印象を決める大事な自己紹介。特にビジネスシーンにおいては、良い印象を与えることができるとその後の仕事もスムーズに進められることが多いです。

この記事では、ビジネス英会話での簡単な自己紹介やスピーチでの自己紹介など、様々なシーンごとに使える自己紹介文のテンプレートをご紹介していきます。また記事の最後では、長文の自己紹介をする時の例文もご紹介するので、是非みなさん参考になさって下さい。

ビジネス英語の自己紹介をスマートに決めるためのポイント

自己紹介文のテンプレートをご紹介する前に、自己紹介をスマートに決めるためのポイントをご紹介しておきます。

ポイント①事前準備をしておく

いくら自分のこととは言え、話すことを何も決めていなければ話に詰まってしまいますよね。自己紹介は、何を話すか事前にある程度考えておくことが大切です。

名前、出身地、仕事についてなど、話の構成と内容を事前にまとめておきましょう。

ポイント②言いたいことを忘れても焦らない

自己紹介をスマートに決めるためには、言いたいことを忘れてしまっても焦らないことが大切です。

事前に自己紹介文を準備してたくさん練習していても、緊張するとどうしても自己紹介文を忘れてしまうことがありますよね。そんなときは、何も言わずに詰まってしまうより、「すみません、ちょっとつかえてしまいました」と一言はさんだ方がスマートです。

ここでは中断を伝える一言の例文をいくつかご紹介するので、自己紹介中に英語がでてこなくなったときには是非活用してください。

中断を伝える一言の例文

Excuse me. 
すみません。


Could you wait for a while?
少々お待ちください。


Excuse me. I'm getting nervous, so...
すみません、ちょっとアガってしまって。


Excuse me. I’ve just forgotten what to say.
すみません、ど忘れしてしまいました。

ポイント③大きな声で堂々と話す

先程もお伝えしましたが、自己紹介は自分の第一印象を決める大切な機会です。そんな時に、小さな声で自信なさげに話してしまうと、頼りない印象を与えてしまいかねません。

いくら自分の英語に自信がないとしても、最低限大きな声でハツラツと話すことだけは意識しましょう。

ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート①簡単な自己紹介

名刺を渡す人
フリー写真素材ぱくたそ

ここからは、ビジネス英会話で使える自己紹介文のテンプレートをご紹介していきます。

まずは、挨拶程度の簡単な自己紹介です。

簡単な英語の自己紹介テンプレート

Pleased to meet you, Mr./Ms./Mrs. ◯◯.  It's very nice to see you. I am △△, from ✕✕ department.
初めまして、◯◯さん。お会い出来て嬉しいです。私、✕✕部の△△です。


Let me introduce myself. I don't think we have met. I am ◯◯, from ABC Co., Ltd.
自己紹介させてください。初めてお会いします。私、ABCカンパニーの◯◯と申します。

Allow me to introduce myself. My name is ◯◯. I’m in charge of △△. 
自己紹介させてください。◯◯と申します。△△を担当しています。

簡単な英語の自己紹介に役立つ動画

簡単な自己紹介をもっと詳しく学びたいという方には、以下の動画がおすすめです。こちらの動画では、ビジネス英語での基本的な自己紹介の流れを知ることができます。

ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート②スピーチの自己紹介

男性と女性、握手、パソコン
Photo by089photoshootings

大勢の人の前で発表するスピーチでは、冒頭で簡単な自己紹介が求められます。スピーチでの自己紹介のポイントは、自分が携わっている仕事内容をふまえつつ自己紹介することです。

ここでは、英語のスピーチで自分の仕事の概要について述べる時のテンプレートと、スピーチの概要説明をする時のテンプレートをご紹介します。先程ご紹介した簡単な自己紹介文とセットで使えば、スピーチでの自己紹介もばっちりですよ。

英語スピーチの自己紹介テンプレート①仕事の概要を述べる

We, the ◯◯ team is working on this project. This is the project which is progressing on our marketing team.
現在、我が◯◯チームでは、このようなプロジェクトを進行中です。


We, ◯◯ department/bureau/division is working on △△
私ども◯◯部/局/課は、△△を仕事としています。

These are the people involved in the driving project's structure. 
(メンバーを指して)プロジェクトチームは、このようになっております。

英語スピーチの自己紹介テンプレート②スピーチの概要を述べる

I am going to talk about ◯◯.
これから、◯◯について話します。

This time, I am going to make a speech about ◯◯.
今回は、私の◯◯についてスピーチします。


Today's speech is about ◯◯, which we are engaging in.
今日のスピーチは、私たちの関わっている◯◯についてです。


Today we are going to introduce ◯◯.
本日は、◯◯についてご紹介します。


Let us get started. We are going to discuss ◯◯.
それでは、スピーチに入ります。◯◯についてです。

ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート③仕事に関する自己紹介

グラス、飲み物
Photo byFree-Photos

会社の懇親会などに参加すると、色々な人と話す機会がありますよね。そういった交流の場では、パーソナルな質問をされることも少なくありません。

例えば、取引先の外国人の方から「どうしてこの会社に入ったの?」と質問されることもあるかもしれません。

そういったとっさの質問にも、スマートに答えることができると良いですよね。

ここでは、会社に入った動機やこれまでの仕事の経歴など、仕事に関わる自己紹介で使える英会話のテンプレートをご紹介します。

仕事に関する英語の自己紹介テンプレート

よくある質問に対する回答のテンプレートをみていきましょう。

質問①「Why did you apply for that job?(その仕事を目指したきっかけは何ですか?)」

I applied for the job because ◯◯.
私がこの仕事を志望した理由は、◯◯だからです。

質問②「What have you been doing before you started this job?(この仕事の前は何をされていたんですか?)」

I used to do ◯◯.
かつては、◯◯をしていました。

質問③「How long have you been doing that job?(この仕事はどれくらいなさっているんですか?)」

I have been doing this job for ◯◯ years.
◯◯年間、この仕事をしています。

仕事に関する英語の質問の答え方を動画で学ぶ

仕事に関する質問を受ける機会と言えば、やはり面接ではないでしょうか。ここでは、面接の受け方の説明動画をご紹介しておきます。海外の企業や外資系企業への就職を希望している方は、面接の際に入社の動機やこれまでの経歴をしっかりと伝えられるよう、英会話表現を学んでおきましょう。

ビジネス英会話で使える自己紹介文テンプレート④雑談での自己紹介

男性、女性、会話
フリー写真素材ぱくたそ

雑談では、質問に答える形で自己紹介をする場面が多くあります。ここでは、雑談のときに聞かれやすい質問に対する、回答のテンプレートをご紹介します。

質問①「What do you do in your free time?(休日はどんなことをしていますか?)」

I enjoy 〜ing in my spare time.
暇な時は〜して楽しみます。

I usually do ◯◯.
私は普段、◯◯をしています。


In my free time, I love to ◯◯.
休日には、◯◯をするのが好きです。


I spend my spare time with ◯◯.
休日は◯◯をして過ごします。

質問②「What was your major in college?(大学では何を専攻していましたか?)」

I studied ◯◯.
◯◯を学んでいました。

I majored in ◯◯.
◯◯専攻でした。

My major was ◯◯.
専攻は◯◯でした。

ビジネス英会話で使える長文の自己紹介例文

スピーチをしている男性
Photo byKycer

ここまでは短く簡単な英語の自己紹介文のテンプレートをご紹介してきましたが、もう少し長文で自己紹介しなければならない機会もありますよね。ここでは、長文で自己紹介する時の例文をご紹介します。

長文の自己紹介と聞くと難しく感じるかもしれませんが、長文も結局は短い英会話例文の組み合わせですので過度に心配する必要はありません。しかし、短文の簡単な自己紹介に比べて、長文の自己紹介は事前準備を念入りにしておく必要はあります。

是非下記でご紹介する長文の自己紹介例文を参考に、事前準備をしてみてください。

長文の自己紹介文 例文

こちらは、アメリカにある本社に海外出張したことを想定した自己紹介文です。

Hello, nice to meet you. My name is Jun Tanaka of the Japan branch office. I have been in this company for 3 years, and I'm in charge of public relations. Now I am working on a lot of projects. My main duty in this company is to maintain the company's social media portals including Twitter, Facebook, and Instagram. I'll be here just for a week, but I wanna know what is the head office like and  develop extensive technical knowledge. I will only be here for a very short time but I'm looking forward to working with you.

初めまして。私は日本支社の田中順と申します。入社3年目で、現在広報の仕事を担当しています。現在は多くのプロジェクトを手がけておりますが、主な仕事は、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムを含む会社のソーシャルメディアポータルを維持することです。たった1週間の滞在ですが、本社の様子を知り、専門知識を身に着けたいと思っておりますので、短い間ですがどうぞよろしくお願いします。

ビジネス英語での自己紹介まとめ

握手
Photo bygeralt

この記事では、ビジネス英会話における自己紹介文を、簡単なものから長文のものまでテンプレートや例文を使ってご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

英語の自己紹介は、初めての方にとっては少し難しいかもしれませんが、今回ご紹介したような自己紹介文のテンプレートや例文を使ってしっかり準備しておけば心配はいりません。

少々詰まっても焦らず、堂々と自己紹介してください!

Ohshima2520

Ohshima2520

自身も英語学習者で、英語力ブラッシュアップのため勉強しております。「英語が得意になりたい!」という、学習者の皆さまと一緒に問題を考えていきたいです。


関連記事

RANKING