英文の覚え方にコツはある?構文からスピーチまで英語を早く覚える方法を解説!

英文の覚え方にコツはある?構文からスピーチまで英語を早く覚える方法を解説!

英文の暗記に苦手意識を持つ方は多いですが、覚え方のコツを掴めば効率的に覚えることはできます。この記事では、英文をできるだけ早く覚えるための勉強法をご紹介していきます。長い英文の覚え方から、英単語や構文の覚え方まで様々ご紹介していくので、是非みなさまご覧下さい。

岡田さん

岡田さん

今度家族で海外旅行に行くので、旅行で使える英会話フレーズを勉強しているんですが、何回見てもなかなか覚えられなくて困っています。

ミランダ

ミランダ

英文は、ただやみくもに暗記しようとしてもなかなか頭に入ってこないわよ。しっかりとコツをつかんだ勉強法で覚えないと!

岡田さん

岡田さん

英文の覚え方にコツなんてあるんですか?

ミランダ

ミランダ

ええ、もちろん。今日は、英文を効率よく暗記する方法を教えてあげるわね!良い機会だから、英単語や構文の覚え方のコツも一緒に紹介するわ。

岡田さん

岡田さん

ありがとうございます!よろしくお願いします。

記事の目次

  1. 1.英文の覚え方にコツはある?
  2. 2.英文の覚え方①基本の暗記方法
  3. 3.英文の覚え方②スピーチなど長い英文の暗記方法
  4. 4.英文の覚え方③英単語の暗記方法
  5. 5.英文の覚え方④英語の構文の暗記方法
  6. 6.まとめ

英文の覚え方にコツはある?

英文
フリー写真素材ぱくたそ

みなさんは、英文の暗記が得意ですか?

この質問をされたら、ほとんどの方が「いいえ」と答えるのではないでしょうか。

英文の暗記は、多くの方にとって簡単なことではありませんが、しっかりとコツを掴めば誰でも効率的に英文を覚えることができます。

この記事では、英文を早く確実に覚える勉強法をご紹介していきます。スピーチなどの長い英文の覚え方から、英単語や構文の覚え方まで様々ご紹介していくので、是非みなさまご覧ください!

英文の覚え方①基本の暗記方法

黒板に電球
Photo byTeroVesalainen

まずは、英文の基本の覚え方をご紹介します。

英文を早く、そして確実に覚えるためには、右脳を使った暗記がおすすめです。

右脳を使った暗記方法とは?

脳には、感情を司り想像力や発想力によってイメージされたものを記憶する右脳と、言語を司り論理的思考や数学的思考をする左脳があります。

この2つの脳のうち、より多くの情報を記憶することができるのが右脳です。つまり、英文も右脳を使って記憶することができると、比較的簡単に覚えることができます。

右脳は、見たり聞いたりしたものからイメージした情報を記憶しやすいという特徴を持ちます。この特徴をうまく利用することで、効率的に英文を暗記しましょう。

右脳を使った暗記方法STEP①主語を置き換える

イメージしながら暗記するためには、まず主語を置き換えましょう。

参考書や教科書に載っている英文の主語は、大抵「Nancy」や「Tom」など縁もゆかりも無い人ですよね。このままだと、右脳を刺激することができません。

右脳を刺激して早く覚えたいなら、まずは主語を自分や身近な人に置き換えて、自分に関連した話であると脳を錯覚させます。

右脳を使った暗記方法STEP②状況をイメージする

主語をイメージしやすい人に切り替えたら、次はその英文を頭の中で映像にします。

例えば以下の英文を頭で鮮明にイメージしてみてください。

I read a book on a train.
私は電車で本を読む。


あなた自身が電車に乗って本を読んでいる状況を思い浮かべ、それを英文と一緒に記憶します。このように右脳を使って暗記することで、英文が記憶に残りやすくなります。

またこの際、声に出して聴覚からも英文をインプットすると、更に右脳を刺激することができるのでおすすめです。

右脳を使った暗記方法STEP③繰り返す

いくら右脳を使って暗記しても、1回きりでは長期記憶にすることはできません。右脳を使って暗記した英文は、何度も復習することで長期記憶に変えていきましょう。

右脳を使った暗記方法

  • STEP①主語を置き換える
  • STEP②状況をイメージする
  • STEP③繰り返す

英文の覚え方②スピーチなど長い英文の暗記方法

男性がプレゼンテーションをしている
Photo byrobinsonk26

スピーチやプレゼンテーションなど長い英文を暗記しなければならないときはどうしたら良いのでしょうか?

長い英文の覚え方も、基本的には先程ご紹介した暗記方法と同じですが、ここではより早く確実に覚えるコツをご紹介します。

長い英文を覚えるコツ

長い英文を覚えるコツは、徐々に覚える量を増やしていくことです。

①1文目を暗唱する。
②2文目を暗唱する。
③1文目から2文目まで通して暗唱する。
④3文目を暗唱する。
⑤1文目から3文目まで通して暗唱する。


このように、徐々に文を増やしながら繰り返し覚えていくのが、長い英文の暗記のコツです。

長い英文の暗記方法

  • 徐々に量を増やしながら覚える

英文の覚え方③英単語の暗記方法

女性が勉強に疲れている
Photo byYassay

英文とは少し逸れますが、ここでは英単語を早く覚えるコツをご紹介していきます。

英単語の暗記方法①単語を分解して覚える

英単語は、分解すると早く覚えることができます。例えば、「reminder」を分解してみましょう。


reminder

re:接頭辞「再び」
mind:「思い起こす、心に残す」
er:接尾辞「~する人、もの」


「reminder」は、これら3つの要素を組み合わせて、「再び思い起こさせるもの」という意味になっています。このように単語を分解して考えることで、無意味なアルファベットの羅列ではなくなるため、暗記しやすくなります。

ちなみに、分解するときのコツは、単語の始めについている接頭辞や最後についている接尾辞に注目することです。

英単語の暗記方法②英文で覚える

なかなか覚えられない単語は、単語単体ではなく英文で覚えるようにしましょう。

基本の英文の覚え方でご紹介したように、英文をイメージしながら暗記することで記憶に残りやすくなります。

その際、英単語帳についている使用例を使って覚えるのもいいですが、なかなか暗記できない単語は自分に関連するような英文を作ってみるのがおすすめです。

英単語の暗記方法③対義語・類義語も一緒に覚える

英単語を早く覚えていくコツとしてもう一つ効果的なのが、対義語・類義語も一緒に覚えていく方法です。

英単語は、色々なものに関連させることで記憶を呼び起こすトリガーを増やすことができます。

また、単純に覚える英単語の量も増えるので、できるだけ早く多くの英単語を暗記したいという方は是非試してみて下さい。

英単語の暗記方法

  • 単語を分解して覚える
  • 英文で覚える
  • 対義語・類義語も一緒に覚える

英文の覚え方④英語の構文の暗記方法

机の上に本とノート
Photo bychloestrong

最後に、英語の構文を早く覚えるコツをご紹介していきます。

構文の暗記方法①自分で英作する

英単語の暗記方法でもご紹介しましたが、構文も自分で英作することで記憶に残りやすくなります。

例えば、「want+人+to do」という構文を覚えたい時は以下のように英作文してみます。

I want him to clean up a bath room.
私は、彼にお風呂を掃除してほしい。


自分の日常に関連した、イメージしやすい英文を作るのがコツです。

構文の暗記方法②似ている構文をまとめて覚える

構文を覚える際には、似ている構文をひとまとめにして覚えてしまいましょう。

例えば、強調構文の「It is ~ that...」を覚えるときには、形式主語構文の「It is ~ that ...」との違いを確認しながら一緒に覚えます。

例)
強調構文は「that」以下が「不完全文」だが、形式主語構文は「that」以下が「完全文」

​​​​​​
このように似ているものをまとめて暗記することで、頭の中が整理されて暗記しやすくなるのと同時に、構文を混合してしまう危険性も防ぐことができます。

構文の暗記方法

  • 自分で英作する
  • 似ている構文をまとめて覚える

まとめ

子供二人が本を開いて微笑んでいる
Photo byWhite77

この記事では、英文の覚え方をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

英文を覚えるのは簡単ではありませんが、コツを掴めば効率よく暗記することは可能です。是非今回ご紹介したような勉強法を使って、たくさんの英文を覚えてみて下さい。

英文の暗記方法

  • 基本は右脳を使って覚える
  • 長い英文は徐々に量を増やしながら覚える
  • 英単語は①分解②英作③対義語・類義語と一緒に覚える
  • 構文は①英作②似ている構文をまとめて覚える
Kiki.T

Kiki.T

アラサーになってから一念発起して英語を勉強し始め、アメリカで就業、国際結婚を経て、現在アメリカで女の子のママしてます。生きたアメリカ英語をお届けします!


関連記事

RANKING