英語で日時の書き方を知りたいあなたへ│年月日や時間表記の順番を解説!

英語で日時の書き方を知りたいあなたへ│年月日や時間表記の順番を解説!

英語での日時表記は日本語のものとは少し異なります。アメリカ英語とイギリス英語など、国によっても表記方法が異なるので、混乱してしまっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、英語での日時の書き方や表記方法をご紹介します。

Anne

Anne

2度のロンドン短期留学を経て外国語大学を卒業。就職後も仕事と両立させながら勉強を続け、TOEIC910点を取得しました。私自身もまだまだ勉強の毎日ですが、同じ英語学習者の皆様にとって有益な情報を発信できればと思います。

岡田さん

岡田さん

日時を英語で書く場合、日本語と同じ順番で書いても良いのでしょうか。

ミランダ

ミランダ

日時の英語表記は、日本語のものと少し異なるわ。アメリカ英語やイギリス英語など、国によっても違いがあるのよ。

岡田さん

岡田さん

そうなんですね!手紙やメールの文章、履歴書の作成のために、詳しく知っておきたいです。

ミランダ

ミランダ

それじゃあ、年月日や時間の表記方法を詳しく説明していくわね。

岡田さん

岡田さん

はい、よろしくお願いします!

記事の目次

  1. 1.英語で日時の表記はどう書くの?
  2. 2.英語で日時の書き方①年月日の表記
  3. 3.英語で日時の書き方②時間の表記
  4. 4.英語で日時の書き方③曜日の表記
  5. 5.英語で日時の書き方まとめ

英語で日時の表記はどう書くの?

デスクに時計が置いてある画像です。
Photo byFree-Photos

日時の表現は、手紙やメールはもちろん、履歴書や書類の作成など、ビジネスシーンでも頻繁に使う機会のある表現ですが、表記方法が日本語と英語で異なるのはご存知でしょうか?

例えば、年月日の日本語表記は「年・月・日(year・month・date)」が基本ですが、英語表記では「月・日・年(month・date・year)」、あるいは「日・月・年(date・month・year)」となり、日本語表記とは順番が異なります。

英語表記に様々なパターンが存在するのは、アメリカ英語とイギリス英語で書き方が違うためです。

この記事では、日本と海外の年月日や時間表記の順番の違いなどを、国による違いも交えながら詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

英語で日時の書き方①年月日の表記

机にカレンダーが置いてある画像です。
Photo byrawpixel

年月日を表す英語表現は、短縮の有無やアメリカ英語とイギリス英語の違いなどにより、いくつかのパターンが存在します。

ここからは、そんな年月日の表記の違いについて詳しくご説明していきます。

年月日の表記①短縮形まとめ

海外でのカジュアルな手紙やメールの中では、年・月・日それぞれに短縮形が使われることが多いです。

以下に一般的な短縮形の例をご紹介しますので、文書を作る際の参考にしてください。

通常表現 省略表現
2019 '19
January Jan.
10th 10

年月日の表記②アメリカ英語の場合

アメリカ英語の場合は、「月・日・年(month・date・year)」という順番で年月日を表します。
「month/date/year」と「/」で区切ることも可能です。
年を省略する時はアポストロフィ「'」を付けるのを忘れないようにしましょう。

日本語表記 アメリカ英語表記
2019年1月10日 January 10th, 2019
January 10, 2019
Jan. 10th, 2019
Jan. 10, 2019
1/10/2019
※太字にしている表記が、よく使われる表記です。

年月日の表記③イギリス英語の場合

一方、イギリス英語の場合は「日・月・年(date・month・year)」の順番となります。

アメリカ英語同様、「date/month/year」というように「/」で区切ることもできます。イギリス英語でも、年を省略する時はアポストロフィ「'」を付けます。

日本語表記 イギリス英語表記
2019年1月10日 10th January 2019
10 January 2019
10th Jan. 2019
10 Jan. 2019
10/1/2019
※太字にしている表記が、よく使われる表記です。

アメリカ英語とは異なり、イギリス英語では年の前にカンマ「,」は使わないので、注意が必要です。

英語で日時の書き方②時間の表記

置き時計の画像です。
Photo byFree-Photos

次に、時間の表記について見ていきましょう。

日本には12時間制の表記と24時間制の表記がありますが、海外では12時間制が使われることがほとんどです。そのため、海外では午前と午後を区別するため、「AM」と「PM」や「in the morning」と「in the afternoon」などを使って表記します。

時間の表記①「AM」と「PM」

「AM」と「PM」の表記には、大文字表記、小文字表記、ピリオドあり、ピリオドなし、「:」の有無などパターンがたくさん存在しますが、どれも間違いではなく、全て正しい表記となります。

午前8時 8 a.m.
8 A.M.
8 am
8 AM
8:00 a.m.
8:00 A.M.
8:00 am
8:00 AM
午後8時 8 p.m.
8 P.M.
8 pm
8 PM
8:00 p.m.
8:00 P.M.
8:00 pm
8:00 PM

時間の表記②「in the morning」と「in the afternoon」

「AM」と「PM」を「in the morning」と「in the afternoon」に置き換えることも可能です。これらも「AM」と「PM」同様、時間の直後に置くことで「朝」と「昼過ぎ」を表す表現です。

英文:The meeting will start at 9 in the morning.
和訳:ミーティングは朝9時に始まる予定です。

英文:The library will be open until 5 in the afternoon.
和訳:図書館は午後5時まで開いています。

英語で日時の書き方③曜日の表記

スケジュールが机の上に置いてある画像です。
Photo byDarkWorkX

最後に、海外での曜日表記について見ていきましょう。

曜日の表記①短縮形まとめ

日時を表す英語表記には、曜日の書き方にも短縮形が使われることが多いです。曜日の短縮形は日本語のカレンダーにも採用されていることが多いので、馴染みのある表記なのではないでしょうか。

日本語 英語表記 短縮形
日曜日 Sunday Sun.
月曜日 Monday Mon.
火曜日 Tuesday Tue.
水曜日 Wednesday Wed.
木曜日 Thursday Thu.
金曜日 Friday Fri.
土曜日 Saturday Sat.

年月日の表記①年月日との組み合わせ

曜日を年月日と組み合わせる時の表記は、「曜日・月・日・年(day・month・date・year)」、あるいは「曜日・日・月・年(day・date・month・year)」の順番になります。

これも、アメリカ英語とイギリス英語の違いです。

アメリカ英語 2019年1月10日木曜日 Thursday, January 10th, 2019
イギリス英語 2019年1月10日木曜日 Thursday, 10th January 2019

アメリカ英語とイギリス英語の両方とも、曜日の後にはカンマをつけましょう。

英語で日時の書き方まとめ

スケジュールを記入している人の画像です。
Photo byrawpixel

この記事では、日本と海外の年月日や時間、曜日表記の順番の違いや、国別の表記の違いについてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

日本語では「年・月・日(year・month・date)」の順番での表記が基本ですが、英語では1つに限らず様々なパターンが存在しているため、上手く使いこなせなかったり、混乱してしまったりする方も少なくないはずです。

日時の英語表現は、海外にいる友人に手紙やメールを送る時、英語を使って仕事をする時、また海外旅行に行った時などに知っておくと大変便利な表現ですので、それぞれの国のスタイルに応じた適切な表現を用いて、英語の文章や書類を作成してみてくださいね。

関連する記事

RANKING

本田圭佑も受講中の英語スクール >