「1億人の英文法」はTOEICには効果なし?問題集の使い方も徹底解説!

「1億人の英文法」はTOEICには効果なし?問題集の使い方も徹底解説!

英語を習得する上で良い文法書に出会うことはとても重要です。「1億人の英文法」は、著者の大西泰斗先生が「NHKラジオ英会話」の講師になられた2018年度から注目されるようになった英語の文法書です。この記事では、「1億人の英文法」の特徴や使い方を詳しく解説します。

岡田さん

岡田さん

正しい英文法で話しているはずなのに、ネイティブの人に英語が伝わりづらいときがあります。

ミランダ

ミランダ

文法的に間違っていなくてもネイティブからすると不自然な言い回しになってしまっていることはあるわよ。岡田さん、「1億人の英文法」っていう文法書を知ってる?

岡田さん

岡田さん

聞いたことがあるような、、。

ミランダ

ミランダ

「1億人の英文法」は、文法書でありながらネイティブの感覚も掴むことができる文法書なのよ!今日は「1億人の英文法」の使い方を紹介するわ!

「1億人の英文法」とは?

犬が虹をみている画像
Photo bystodwa

英語を学習する上で、良い教材に出会うことができるかどうかは、英語の習得スピードを大きく左右します。

「1億人の英文法」は、著者である大西泰斗先生が「NHKラジオ英会話」の講師になられた2018年度から一気に注目されるようになった文法書です。文法書といっても、一般的な英語の文法書とはその役割や使い方が異なります。

この記事では、「1億人の英文法」について、詳しく解説していきます。

使い方をご紹介する前に、まずは「Forest」や「ロイヤル英文法」といった大御所の文法書となにが違うのか、みていきましょう。

話すことを目的とした文法書

通常文法書というのは、問題集に取り組んでいる途中分からないことがあったときに文法を調べるための、文法の辞書として使われることが多いです。

しかしこの「1億人の英文法」は、本書の副題にもあるように、すべての日本人が「話せるようになる」ことを目的とした文法書なのです。そのため著者も、繰り返し声に出して読むことを推奨しています。文法を調べて終わりではなく、何度も音読することで体に染みつけ、発話につなげる方法を提唱しています。

本のように読む文法書

従来の文法書は、索引を使って調べたいところだけを読むという使い方をしますが、「1億人の英文法」は、小説かなにかのように最初から順に読むことを前提として書かれています。そのためひとつ理解したら次に進む、という読み方をすることをおすすめします。

「文法書を読むなんて苦痛!」と思われるでしょうが安心してください。退屈しないような英語のトリビア、コラムなど面白い読み物が満載です。

感覚を重視した文法書

英語を実用的に使った経験のない方が英語を書いたり話したりする際、不自然さが目立つことがあります。「間違いではないがネイティブはそんな風に使わない」というような表現や文法が多いことが原因です。本書では、文法や語彙にネイティブが持つ感覚が説明されているため、より自然な言い回しを学ぶことが出来ます。

「1億人の英文法」はこんな人が使うと効果的

では、「1億人の英文法」はどのような人に適しているのでしょうか?

本書は、下記のような人が使うと効果的です。

  • 高校までの文法は大体頭に入っている人
  • 一部の文法が理解できていないまま大人になってしまった人
本のように読み進めることのできる文法書ではありますが、文法用語が全く分からないままでは何を説明されているのか理解できません。英語の知識はある程度あることを前提にした書籍ですので、英文法が全く分からないという方は、基礎的なことを勉強してから「1億人の英文法」に取り組まれることをおすすめします。

「1億人の英文法」でTOEICのスコアは伸ばせるのか?

テストと書かれた黒板
Photo bygeralt

さて、この話すための英文法書は、TOEIC対策として利用しても効果が見込めるのでしょうか?

結論から言いますと、効果はあります。

確かに「1億人の英文法」は、TOEIC専門の参考書ではありません。そのため、短期的に点を上げたいという方には向いていないかもしれません。

TOEIC専門の問題集は、TOEICに頻出の問題やTOEICの形式に沿った問題を載せている、いわばTOEICで点を取るハウツー本のようなものが多いです。TOEIC受験が初めての方や、定期的に自分がどのくらい点を取れるか確認したい方であれば、これらを使って勉強する方が良いでしょう。

しかし、本物の英語力を手に入れ、TOEICのスコアをこれから長期間に渡って伸ばしていこうとする方にとって、「1億人の英文法」はもちろん役に立ちます。「1億人の英文法」は、文法だけでなくネイティブの感覚も掴むこともできるため、確かな英語力を身につけることが出来ます。

「1億人の英文法」の効果的な使い方

文具や書籍が置かれている机
Photo byFree-Photos

では、この少し変わった文法書はどのように使っていけばよいのでしょうか。ここからは、「1億人の英文法」のより効果的な使い方をご説明します。

効果的な使い方①小説のように読書する

「1億人の英文法」は、小説のように最初から順番に読んでいきましょう。

通常、文法書を一冊まるっと読むのには相当の覚悟がいりますが、この文法書の特徴であり一番の魅力は、楽しく読めるところです。本書はイラストやコラムが多く、全体を通して筆者が語りかけるような調子で書かれていることから、堅苦しくなりがちな文法の説明を楽に読むことができます。

また、内容的にも日本人が間違えやすいところを特別に取り上げて丁寧に説明してあるので、「そうそう!そこが知りたかった!」と同調しながら読み進めることができるでしょう。

読んでいく際にもう一度確認したいと思ったところは、メモするか付箋を貼っておきましょう。その部分をもう一周すれば、さらに強固な文法力が手に入ります。

効果的な使い方②英文の音読をする

音読は、体で英語を覚える方法として最適です。本書には別売りで音源CDがありますので、そちらを使うと正しい発音を知ることができ、より効果的です。

音読する際は、単に棒読みするのではなく感覚を体感しながら気持ちを込めて音読しましょう。

効果的な使い方③文法事項の検索

もちろん他の文法書と同じような使い方もできます。問題を解いている際にわからない文法事項が出てきたら、索引から調べて解説を読みながら勉強してください。

文法書全般に言えることですが、調べたら終わりではなく、付箋をしたりメモを取ったりして記録を残しておくと良いでしょう。しばらく経ってからもう一度確認して知識を定着させることができます。

「1億人の英文法問題集」の効果的な使い方

海辺で立って本を読む女性
Photo byPexels

意外と知られていないのですが、「1億人の英文法」には、その内容に連携した問題集も出版されています。

この問題集は、副題が「大学入試対策編」とあるように、TOEICではなく大学入試、特にセンター試験(2019年度時点の)を念頭において作られています。つまり高校までの文法知識を復習できる問題集というわけです。入試で1点も落としたくない受験生のために作られていることもあって、日本人が間違えやすい問題を選りすぐったような問題集です。

例えば、「lie」と「lay」の意味の違いと活用や、「arrive」や「reach」など意味の似通った動詞における自動詞他動詞の区別問題などです。

こちらの問題集は、その名の通り「1億人の英文法」に沿っていますので、問題を解きながら文法書の該当部分を参照するという使い方ができます。問題集にはダウンロードできる音源がついていますので、こちらも音読を徹底すると、さらなる知識の定着につながります。

まとめ

本記事では、「1億人の英文法」と「1億人の英文法問題集」の効果的な使い方をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ネイティブの感覚を掴みながら英文法を学べる文法書というのはなかなか珍しいです。是非、こちらの教材で、文法の基礎力とネイティブの感覚を同時に掴んで下さい!

Reserve btn pc

KEYWORD

関連するキーワード

関連する記事

RANKING

記事を評価する

記事を評価しよう

本田圭佑も受講中の英語スクール >