TOEICリスニング勉強法|聞き取れない方におすすめの練習法や対策本とは?

TOEICリスニング勉強法|聞き取れない方におすすめの練習法や対策本とは?

TOEICの中でもリスニングはライティングに比べて高得点が狙いやすいと言われていますが、その勉強法に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。この記事ではTOEICリスニングの勉強法と試験対策、またおすすめの教材についてご紹介していきます。

とんぴ

とんぴ

こんにちは。とんぴです。英語が好きで学生時代から勉強を続けています。現在も英語を日々利用する仕事についており、イギリスにも約4年ほど滞在しました。これまでの経験を生かして皆さんに役立つ内容をお届けできればと思っています。

岡田さん

岡田さん

TOEICのリスニングパートなんですが、音が聞き取れないんです。しかも、聞き取れても内容が把握できないこともあって、なかなか点数が伸びないのですが、どうしたらよいでしょうか?

ミランダ

ミランダ

TOEICリスニングは傾向と対策をつかんで勉強をしていけば、高い点が取れるようになるわよ。満点も夢じゃないわ!

岡田さん

岡田さん

そうなんですね!リスニングで満点とりたいです。リスニングの勉強法を教えてくれませんか?

ミランダ

ミランダ

もちろんよ! 

記事の目次

  1. 1.TOEICリスニングで満点を取りたいなら!
  2. 2.TOEICリスニング勉強法①構成を知る
  3. 3.TOEICリスニング勉強法②各パートごとのコツを知る
  4. 4.TOEICリスニング勉強法③シャドーイングでトレーニングする
  5. 5.TOEICリスニング勉強法④おすすめの対策本を知る
  6. 6.TOEICリスニング勉強法 まとめ

TOEICリスニングで満点を取りたいなら!

ヘッドフォンを使う女性
Photo byPublicDomainPictures

皆さんはTOEICのリスニングで「聞き取れない」と頭が真っ白になった経験はありませんか?聞き取れない単語や意味が取れない文章があると、「ん?」となり、その間にも問題は進んでいる....。TOEICの受験経験がある方であれば、思い当たるところがあるのではないでしょうか。

この記事ではTOEICリスニングの各セクションに合わせた勉強法、また聞き取り能力を高めるための勉強法や対策本も紹介していきます。ぜひ満点を取るために活かしてくださいね。

TOEICリスニング勉強法①構成を知る

ペンを持つ女性
Photo bykaboompics

TOEICリスニングで高得点をとるためにまず必要なのは、TOEICリスニングの構成を知ることです。では早速TOEICの構成を表で見ていきましょう。

TOEICの構成

TOEICリスニングセクションは下記の4パートから構成されています(合計100問、制限時間45分)。

該当Part 概要
Part 1 写真描画問題(6問)
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。
4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答
用紙にマークする。所要時間は約3分。
Part 2 応答問題(25問)
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ
1度だけ放送される。設問に対して最もふさわしい答えを選
び解答用紙にマークする。所要時間は約9分。
Part 3 会話問題(39問)
2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。
会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と
解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙に
マークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図
などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設
問が3問ずつある。所要時間は約17分。
Part 4 説明文問題(30問)
アナウンスやナレーションが1度だけ放送される。
各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)
と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用
紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷さ
れた図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。
各トークには質問が3問ずつある。所要時間は約16分。

TOEICリスニング勉強法②各パートごとのコツを知る

音に集中している人の写真
フリー写真素材ぱくたそ

それぞれのパートの出題傾向を把握した上で、パートごとの解き方のコツを押さえておきましょう。

リスニングPart 1対策

先程のTOEICの構成でご紹介した通りPart1は写真描写問題で、合計6問です。問題となる英文はどれも短いため、簡単だと思いがちですが、1問は必ず難問がでます。油断せずに満点を狙いましょう。では、Part1を解く時のコツをご紹介しますので、Part1が聞き取れないとお困りの方は是非ご参考にしてくださいね。

コツ①すべて聞き取れなくても焦らない

Part1では写真に対して4つの選択肢が読まれます。そのうち正解は1つだけですから、仮にすべての文章を聞き取れなくても、その他の選択肢で明らかに写真の内容とは異なっていることがわかったら、その時点で不正解として切り捨てていくようにします。そうすることで残った選択肢から正解に近づくことが出来ます。「聞き取れない」と思っても、焦らずに他の選択肢のリスニングに集中しましょう。

コツ②風景写真問題では受け身の進行形は答えになりにくい

Part1の設問では人が写っている写真が多いですが、中には風景だけの写真を見て答える問題もあります。

人が写っている写真の場合は「何をしているのか」など類推が比較的しやすいですが、風景の場合は写真のどの部分について聞かれるかがわかりにくいため、やや難易度が上がります。

風景写真の問題がでた場合は、まず写真をさっと見て情景を把握しておき、英文のリスニングに集中しましょう。その上でコツ①で述べたように、明らかに写真と関係のない選択肢はその時点で外していきます。また、風景写真の選択肢で受け身の進行形が使われることがありますが、ここも注意が必要です。例文で見てみましょう。

風景写真問題で受け身の進行形が使われる例
1.英文 Books are displayed on the shelf.
   和訳 本が戸棚に陳列されている/並べられた状態

2.英文 Books are being displayed on the shelf.
   和訳 本が戸棚に並べられているところだ/展示の途中


一見似たような表現ですが、受け身の進行形は「動作が進行している状態」ですので、本が戸棚に並んでいる写真であれば1が正解で、店員さんが本を戸棚に並べている写真であれば2が正解ということになります。人がいない風景問題の場合は、2(受け身の進行形)の表現が正解になることはほとんどありません。何度も問題を問いて練習すると簡単に見分けることができますので、是非意識してみてくださいね。

リスニングPart2対策

Part2では、1つの質問または文章と、それに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送されます。短いセンテンスのみですが、2つのコツを押さえて聞くことで正解率を高めることができます。

Part2のコツ①WH疑問詞をしっかり押さえる

Part2では、主にWH疑問詞(Who、Why、Where、When、How)を使った問題が出されます。WH疑問詞は文の始めに読まれるので、聞き漏らさないように耳をすませましょう。例文で確認しましょう。

問題例
Q. 英文:Where is the fax machine?
 和訳:ファックス機はどこにありますか?

選択肢例
A. 英文:Next to the water fountain.
 和訳:給水器の横にあります。

B. 英文:I will send the fax tomorrow.
 和訳:FAXは明日送信します。
C. 英文:By next Wednesday.
 和訳:来週水曜日までに(送信します)。

この場合、「Where」で始まっていますから「場所」を聞いているということがわかります。それを踏まえて選択肢を聞きながら、場所と関係ない設問は解答から外していきます。この問題の場合は「場所」について回答しているのがAのみですので正解はAです。

ちなみに、疑問詞が聞こえてきたらその疑問詞を頭の中で何度もリピートすると忘れにくいです。最初は難しく感じるかもしれませんが、練習することで楽にできるようになりますので、何度も何度も練習することをおすすめします。また、仮に疑問詞が聞き取れない場合は、その問題に正解する可能性が低くなりますので、無理に聞き取ろうとせずに、次の問題に向けて心を落ち着ける時間にしてしまいましょう。

なお、Part2には疑問詞で始まらない問題もありますので、そのことは頭の片隅に置いておきましょう。

Part2のコツ②付加疑問文、否定疑問文は無視する

設問の中には以下のような、否定疑問文を含む問題もあります。

否定疑問文を含む問題例
Q. 英文:Haven't you received my message about the event yet?
   和訳:そのイベントに関する私のメッセージをまだ受け取っていないの?


選択肢
A. 英文:I know about the details of the event.
 和訳:そのイベントの詳細を知っています。

B. 英文:No I haven't received your message yet.
 和訳:いいえ、(あなたのメッセージは)まだ受け取っていません。

C. 英文:He hasn't received my message yesterday.
 和訳:彼は昨日私のメッセージは受け取っていませんでした。


設問は否定疑問文、「Haven't you received my message about the event yet?(そのイベントに関する私のメッセージをまだ受け取ってないの?)」で、答えは「No, I haven't received your message yet.(いいえ、まだ受け取っていません)」です。

では、設問の否定疑問文を通常の疑問文に戻してみましょう。つまり「Have you received my message about the event yet?(そのイベントに関する私のメッセージをもう受け取った?)」です。答えはどうなるでしょうか?

そうです、答えは「No, I haven't received your message yet.(いいえ、まだ受け取っていません)」です。

このように、否定疑問文は否定語を無視しても解答に影響は与えません。同様のことが付加疑問文でも言えます。ですので、否定疑問文や付加疑問文がでてきても、複雑だと思わずに、普通の疑問文として捉えましょう。

リスニングPart3・Part4対策

Part3は複数人の会話文、Part4は1人の話者によるアナウンスなどです。Part3とPart4はコツが同じですので、一緒にご紹介していきます。

Part3・Part4のコツ①設問を先読みする

Part3・Part4については、テストの内容を説明するアナウンス時間などを活用して、設問を先読みするのが効果的です。具体的には以下の通りです。

  • Part1のディレクション(約80秒)⇒Part3の設問を先読み
  • Part2のディレクション(約60秒)⇒Part3の設問を先読み
  • Part3のディレクション(約30秒)⇒Part4の設問を先読み
このように先読みすることで、余裕をもって問題に臨むことができるようになります。ただ先に読むだけですが、先読みすることで解答のリズムをつかむことができますので、過去問を解く時に必ず練習しておきましょう。

Part3・Part4のコツ②「refer to the following to〜」を聞き逃さない

Part3・Part4は設問が読み上げられる前に必ず、「Question ◯ thorough ◯ refer to the following〜」のアナウンスが入ります。この「〜」の部分には「conversation」や「radio advertisement」など「何についての話なのか」がアナウンスされます。この部分をしっかり聞き取ることによって「何についての話なのか」が予め推測できますので、油断せずに聞き取りましょう。

TOEICリスニング勉強法③シャドーイングでトレーニングする

本とノートを開いている写真
Photo bylil_foot_

構成や各パートのコツなどを知っておくことも大切ですが、もちろんリスニング力自体を上げることがもっとも重要です。ここでは、リスニング力を上げるのに効果的なトレーニングであるシャドーイングをご紹介します。

シャドーイングの勉強法

シャドーイングとは、以下のように、音源の音に2〜3語遅れて影のように発音していく学習法です。

音   源:Thanks for meeting with me to.....
あなた:                  Thanks for meeting with me...

このシャドーイングはリスニング力を上げるのに非常に効果的な練習です。では、具体的な練習方法をご紹介します。

シャドーイングの練習方法

TOEICの得点を上げたい場合は、シャドーイングの教材をTOEICのPart3やPart4の音源にすることをおすすめします。1つの設問ごとに1課題とし、1課題につき3日〜4日間連続して練習します。

1日目(目安時間:60分)

  1. シャドーイングを行う前に、何度か音声を聞く
  2. スクリプトを見て、文中のわからない単語や文法を理解する
  3. 音の変化をチェックする(詳しくは下記のリンクの記事をご覧ください)
  4. 問題文のスクリプトを見ながら、音声に合わせて発音していく(オーバーラッピング)
  5. 問題文のスクリプトを見ずに、音声から2〜3語遅れて発音していく(シャドーイング)
2日目以降(目安時間:各60分)
  • 最初からシャドーイングを実施する
Part3やPart4だと長過ぎて難しい、という方はPart1やPart2のような短い音声で練習しても大丈夫です。シャドーイングの練習法について、もっと詳細を知りたい方は以下の記事をご確認ください。

英語のシャドーイングができない?効果的なやり方を知ってコツを掴もう! | PROGRIT MEDIA(プログリット メディア)
リスニング力アップに効果的なトレーニングとして知られているシャドーイングですが、いざやってみると難しく、「できない!」と途中で断念してしまう人も。せっかくの効果的なトレーニングを「できない」で諦めない為に、今回はシャドーイングのコツを詳しく解説していきます!

TOEICリスニング勉強法④おすすめの対策本を知る

英語の本を開いている写真
Photo byDariuszSankowski

ここまでで、TOEICの各パートの構成、各パートの解き方のコツ、シャドーイングの練習法についてご紹介してきました。では実際に問題を解くときはどのような教材を使えばいいのでしょうか?

ここでは、TOEICリスニングで満点を目指す方におすすめの対策本をご紹介していきます。

おすすめ対策本①公式TOEIC® Listening & Reading 問題集

おすすめの対策本の一つ目は、TOEICテストを制作しているETS(Educational Testing Service)が出版している公式問題集です。過去問は、実際にTOEICで出題された問題ですので、対策本として最も優れています。

リスニングを特に強化したい場合はPart1、Part2、Part3、Part4のリスニングのみを集中的に実施しましょう。公式問題集は5冊出版されており、1冊につき2つの模試がついています。TOEICリスニングで満点を取りたい場合は、各公式問題集のリスニングパート(Part1〜Part4)が満点になるまで繰り返し練習しましょう。

また、すべての過去問のリスニングで満点を取れるようになったとしても、聞き取れない音がある場合があります。聞き取れない音がある場合は、聞き取れない音がなくなるまで繰り返しシャドーイングをしましょう。

公式教材・問題集|【公式】TOEIC Program|IIBC
TOEIC Programの公式教材・問題集に関するページです。TOEIC Program(英語テスト事業)、書籍・出版、グローバル人材育成を事業展開するIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が運営するサイトです。

おすすめ対策本②TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ(TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEICテストでよく出題される英単語を集めたTOEIC対策本です。英単語とその意味だけでなく、フレーズの例文と簡単な解説もありますので、TOEICの傾向をつかみながら単語が覚えられるおすすめの対策本です。

この対策本に取り組む時には、音源をウェブ上でダウンロードしておきましょう。発音がわからないと、リスニングの際に結局「聞き取れない」となってしまいますので、発音がわからない単語がでてきた場合は、必ず発音を確認して下さい。「発音をしっかり確認する」ことがTOEICリスニング満点への近道です。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) | TEX加藤 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでTEX加藤のTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。TEX加藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

TOEICリスニング勉強法 まとめ

必勝鉢巻をまく女性の写真
フリー写真素材ぱくたそ

この記事では、TOEICリスニングが聞き取れない方に向けて、おすすめの勉強法や対策本をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

TOEICのリスニングはしっかり対策していけば満点を取ることも不可能ではありません。満点を取るにはもちろん時間がかかりますが、地道に対策していくことが大切です。また、リスニング力を総合的に上げるにはシャドーイングが効果的ですので、例えば毎日1時間シャドーイングを実施する時間を作る、など習慣化していくようしましょう。

関連する記事

RANKING

本田圭佑も受講中の英語スクール >