お金の英語表現が苦手なあなたへ | 千・万・億・兆など単位の大きい金額もまとめて紹介!

お金の英語表現が苦手なあなたへ | 千・万・億・兆など単位の大きい金額もまとめて紹介!

お金の英語表現は、多くの英語学習者がつまずくポイントの1つです。英語と日本語では数字やお金の読み方が違うために、とても混乱しやすいのです。今回は、大きい数字や金額を英語ですばやく読むために覚えておくべきたった1つのコツをお教えします!

岡田さん

岡田さん

12.5 million dollarsって、日本円でいくらになるんだろう... えーっと、millionが100万だから...

ミランダ

ミランダ

岡田さん、ひょっとしてお金の英語表現が苦手なんじゃない?

岡田さん

岡田さん

えっ!?なんでわかるんですか?

ミランダ

ミランダ

数字の直し方を見ていればわかるわよ。1万とか10万くらいの金額でも直すのに苦労してるんじゃない?

岡田さん

岡田さん

実はそうなんです...勉強不足で...

ミランダ

ミランダ

勉強不足ではなくて、実はコツを知らないだけなのよ!私が教えてあげるわ!

岡田さん

岡田さん

本当ですか!?助かります!

コンテンツ [表示]

  1. 1お金の英語表現はみんな苦手
  2. 2英語と日本語の数字表現の違い
  3. 3これで速く読める!英語の数字の読み方ルール
  4. 3.1ルール:英語の数字の読み方は3桁単位で変わる!
  5. 3.21万、10万...くらいの数字や金額は覚えてしまうのも手
  6. 4ルールを使ってお金の英語表現を練習しよう!
  7. 4.1練習その1:英語数字→日本語数字
  8. 4.2練習その2:大きい数字の英語読み
  9. 4.3練習その3:日本語数字→英語数字
  10. 4.4練習その4:お金の英語表現→日本語表現
  11. 4.5練習その5:日本語お金表現→英語お金表現
  12. 5お金の英語表現まとめ

お金の英語表現はみんな苦手

お金を持っているカエル
Photo byAlexas_Fotos

突然ですが、問題です!

以下の金額を30秒以内に日本円に直してみてください!(1ドル=100円として計算)

12.5 million dollars

どうでしたか?答えは、12.5億円です。

計算が速い人であれば「million(ミリオン)=100万の」を覚えてさえいれば30秒以内に解けたかもしれません。

しかし、上の数字を見た瞬間に「あ、苦手なやつだ」と思った人も多いでしょう。

難しいのは実は当たり前なんです!自分の勉強不足だと思う必要はありません。大きい数字どころか、1万、10万くらいの数字でも、みんな苦労するものなのです。

日本人にとって数字や金額の英語表現が難しいのは、英語と日本語の数字表現の違いを知らないことに起因しています。

この記事では、「英語と日本語の数字表現の違い」と「英語で数字やお金を理解するコツ」を解説していきます!

英語と日本語の数字表現の違い

数字キーボードの写真
フリー写真素材ぱくたそ

英語と日本語では、数字表現の認識の仕方が根本的に違います。

例えば以下の数字を見てください。

「10,000,000」

この数字を読もうとするとき、多くの日本人は一の位から一、十、百、千、万…と桁を数えます。

そして千万まで行って始めて「あ、一千万か。」と分かる認識の仕方をします。

それに対して、欧米では前から数字を読みます。

英語の数字の読み方には、3桁単位で読み方が変わるというルールがあります。

0が3つ→thousand
0が6つ→million
0が9つ→billion


なので、英語圏の人は10,000,000という数字を見た瞬間に「あーはいはい、10ミリオンね。」と即座に読むことが出来るわけです。

中学生以来、日本では、「million=100万」、「billion=10億」、という訳語を機械的に覚えさせられるので、例えば

「10,000,000を英語で言ってください。」

と言われた時に、まず

  1. 一、十、百、千、万、…と後ろから桁を数えて日本語で数字を読む
  2. million=100万の、を思い出し、10,000,000が100万の何倍かを考える
→10ミリオンだ!

のような思考プロセスを辿ります。

これをさらに「金額に直せ(ドル→円)」と言われると、疲れてみんな匙を投げてしまいます。

英語の金額を日本語に直せる、又はその逆ができるようになるためには、まず英語の数字の読み方」を知ることが肝要なのです。

これで速く読める!英語の数字の読み方ルール

ひらめいた顔をしている少年
Photo byAnnaKovalchuk

ここでは、

  • million, billion...と書かれていても、すぐに数字に起こせる(例:1 million→1,000,000)
  • 大きい数字を速く英語で読めるようになる(例:123,400,000→123,4 million)
ために覚えておくべきルールを載せておきました。

といっても、覚えるルールは1つだけです。これだけで英語のお金表現が苦手な人でも今までより速く読めるようになるかと思います。

また、大きな金額の表現の仕方なども載せておくので参考までにどうぞ!

ルール:英語の数字の読み方は3桁単位で変わる!

たったひとつの覚えるべきルール、それは

英語の数字の読み方は「3桁単位で変わる」

これだけです。

どういうことか。以下の表をご覧下さい。
 

0の数 英語 日本語訳
0が3個 thousand(サウザンド)
0が6個 million(ミリオン) 百万
0が9個 billion(ビリオン) 十億
0が12個 trillion(トリリオン) 一兆
0が15個 quadrillion(クァドリリオン) 千兆
0が18個 quintillion(クインティリオン) 百京
0が21個 sextillion(セクスティリオン) 十垓

この中では、「ミリオン」が一番日本人にとってなじみ深いでしょうか。「ミリオンセラー」「ダブルミリオン」など、売り上げを表現するのによく使われていますよね。

日本語訳も載せておきましたが、あまり重要ではありません。

とにかくまずは「0がいくつあると、英語ではなんと読むのか」を覚えましょう。

これだけ覚えれば、今までよりぐっとお金の英語表現に対応しやすくなります。

1万、10万...くらいの数字や金額は覚えてしまうのも手

英語の数字の読み方に関しては上記の「3桁単位」のルールを覚えておけば、基本的にどんな数字にも対応できるかと思います。

しかし、1万(円)、10万(円)くらいの数字や金額の英語表現は、覚えてしまうともっと速く数字に対応できるかと思います。

単に数字表現で言えば、「1万=10 thousand」、「10万=100 thousand」

金額で言えば、1ドル=100円の概算で「100 dollars=1万円」、「1,000 dollars=10万円」

このあたりを覚えておくと、アメリカに旅行に行ったときなどの比較的低めの金額表現には対応しやすくなると思います。

筆者はアメリカに留学経験がありますが、住み始めたころはドルの金額表現に慣れておらず、タクシー運転手にチップとして100ドル(1万円相当)渡してしまったことがあります(笑)

旅行中にこんなもったいないことをしないためにも、1万、10万...くらいの金額表現は覚えてしまうのも手です。

ルールを使ってお金の英語表現を練習しよう!

練習を促す看板の写真
Photo bygeralt

以下に練習問題を用意しました。「3桁単位」のルールを使って、英語の数字表現、お金表現の練習をしてみましょう!

練習その1:英語数字→日本語数字

次の数字を日本語で読んでみましょう。紙に書いて考えても構いません。

  1. 10 thousand
  2. 12.5 million
  3. 1.519 billion
答えはこちら。

1 : thousandは「0が3個」なので10に0を3個つけて10,000。答えは1万。
2:millionは、「0が6つ」なので、12に0を6個つけて12,500,000。答えは1250万。
3:billionは「0が9つ」なので、1,519,000,000。答えは15.19億。(15億1千9百万)。

練習その2:大きい数字の英語読み

次の数字を英語で読んでみましょう。手間がかかるかもしれませんが、ルールを使えば今までよりずっと速くなるかと思います。

  1. 123,456,789
  2. 1,234,567,891

1:「3桁単位」が2つあるので、「123 million」とまず読める。そのあとは「3桁単位」が1つあるので「456 thousand」と続く。残りは789なので答えを英語読みすると
「one hundred twenty three million four hundred fifty six thousand seven hundred eighty nine」
2:「3桁単位」が3つあるので、まず「1 billion」と読める。その後は「3桁単位」ふたつあるので2が「234 million」。「567 thousand」と続き、答えは
「one billion two hundred thirty four million five hundred sixty seven thousand eight hundred ninety one」

練習その3:日本語数字→英語数字

次の日本語数字を英語数字に直してみましょう。

  1. 10万
  2. 6.777兆
1:10万→100,000なので、これを前から読んで
「one hundred thousand (100 thousand)」
2:6.777兆→6,777,000,000,000なので、これを前から読んで
「six trillion seven hundred seventy seven billion (6.777 trillion)」

練習その4:お金の英語表現→日本語表現

次の英語で書かれた金額を、1ドル=100円として日本語金額に直してください。

  1. 1 thousand dollars
  2. 12.5 million dollars
  3. 1.519 billion dollars
1: thousandは「0が3個」なので、1 thousand→1,000 dollars。1ドル=100円なので100倍にして答えは
「100,000円(10万円)」
2: millionが「0が6個」なので、12.5 million dollars→12,500,000 dollars。1ドル=100円なので100倍にして答えは
「1,250,000,000 円 (12億5千万円)」
3: billionが「0が9個」なので、1.519 billion dollars→1,519,000,000 dollars。1ドル=100円なので100倍にして答えは
「151,900,000,000 円 (1519億円)」

練習その5:日本語お金表現→英語お金表現

次の日本語で表されている金額を、1ドル=100円として英語の金額に直してください。

  1. 47億円
  2. 2兆円
1: 47億円→4,700,000,000円→47,000,000ドル
47 million dollars
2: 2兆円→2,000,000,000,000円→20,000,000,000ドル
20 billion dollars

お金の英語表現まとめ

ビットコインの写真
フリー写真素材ぱくたそ

いかがでしたか?英語の金額表現・数字表現は苦手な人が多いですが、覚えておくコツは意外と少ないことをお分かり頂けたかと思います。1万、10万などの数字や金額でも苦労していたところが、コツを知ると大きい金額でも今までより速く対応できるようになりますよ。

お金の英語表現をマスターするコツ

  • 英語と日本語は数字表現のルールが違うことを知る!
  • 英語の数字の読み方は「3桁単位で変わる」!
  • 1万、10万くらいの数字や金額は覚えてしまう!
Takahirou

Takahirou

英語系の専門学校卒業、留学経験あり。英語に関しては、第二言語習得論など広い話題に対応出来ると自負しています。


関連記事

RANKING