楽天が英語を社内公用語へ|成功した点、失敗した点をそれぞれ徹底解説!

楽天が英語を社内公用語へ|成功した点、失敗した点をそれぞれ徹底解説!

楽天が「社内での公用語を英語にする」と宣言してから早9年が経ちました。その間、他社でも社内公用語を英語にしたり、英語化を進めていくか検討する企業も現れました。実際のところ、楽天は社内公用語を英語にしたことで何か“変化”はあったのでしょうか。詳しく解説します。

Hatomi

Hatomi

元児童英会話講師。趣味は英語多読。現在は育児とライター業をしながら、さらなる英語力アップのために日々勉強中です。

岡田さん

岡田さん

先生、大変です!僕の勤めている会社が、社内の公用語を英語にすることを検討しはじめました!

ミランダ

ミランダ

あら、岡田さんの会社にも英語化の波がやってきたのね。

岡田さん

岡田さん

そう、「まさかうちの会社が!?」という気持ちです。社内での公用語をわざわざ英語にする必要ってあるんでしょうか?

ミランダ

ミランダ

そうねぇ。楽天が社内公用語を英語にして9年が経つんだけど、そこから見えてくる英語化の良いところと問題点を見てみましょうか。

記事の目次

  1. 1.楽天はなぜ英語を社内公用語にしたのか?
  2. 2.楽天の英語社内公用語化の成功点①誰もがグローバル社会での戦力!
  3. 3.楽天の英語社内公用語化の成功点②世界から優秀な人材が集結!
  4. 4.楽天の英語社内公用語化の失敗点
  5. 5.楽天の英語社内公用語化のまとめ

楽天はなぜ英語を社内公用語にしたのか?

女性が考え事をしている絵です。
Photo byijmaki

2010年、楽天株式会社(以下、楽天)の三木谷社長によって、「社内公用語を英語にする」との発表がありました。当時、ニュースなどでかなり話題になったので記憶している方も多いのではないでしょうか。

楽天は、楽天市場や楽天トラベル、その他様々なサービスを提供している日本でもトップクラスの企業です。そんな楽天がなぜ、社内公用語を英語にしようとしたのでしょうか。

理由は大きく分けて2つです。

  1. 世界レベルでのビジネス競争に勝ち続けること
  2. そのために、世界から優秀な人材や情報を集める必要があること
こうした想いから三木谷社長は、楽天をグローバル化させるために社内公用語を英語にすることに決めました。

それから2年の歳月をかけ、2012年、楽天は正式に社内公用語を英語に切り替えました。そのことによって三木谷社長の想いは叶ったのでしょうか?また、苦労や失敗はなかったのでしょうか?一つずつ、みていきましょう。

楽天の英語社内公用語化の成功点①誰もがグローバル社会での戦力!

地球の前で10人の会社員が立っている絵です。
Photo bygeralt

楽天では、社内のメールやコミュニケーションは全て英語で行われます。そのため、誰もが自身の業務内容についての英単語やフレーズを理解しています。すなわちそれは、誰もが通訳や翻訳を必要とせずに、世界レベルで情報を得たり、発信することができるということです。これは楽天にとって、かなり大きな武器となったと言えます。

では、そんな社員たちの英語レベルはどの位なのでしょうか。
TOEICスコアを基にご説明します。

TOEICスコアからみる楽天社員の英語力

楽天が社内公用語を英語にすると宣言した2010年10月、社員のTOEIC平均スコアは526点でした。それから4年半後の2015年4月の時点では800点、2018年には830点となっています。
また、新卒採用のページにはこのような文言があります。

TOEICスコアが選考に影響することはございません。ただし、ご入社までに800点を取得いただくことが必要です。内定後も弊社より800点取得に向けてのサポートを行っております。

これを見ればお分かりのように、新入社員たちの英語力も高いです。また、全社員分のTOEICや英語のレッスン費を会社負担で行うなどのサポートも厚く、今後も社員の英語力は上がっていくでしょう。

楽天の英語社内公用語化の成功点②世界から優秀な人材が集結!

5人が円陣を組み手を出している写真です。
Photo byrawpixel

先ほどご説明したように、社内では英語でコミュニケーションをとるので、英語を話すことができる外国籍の方も存分に力を発揮することが出来ます。楽天はそのことを世界にもアピールし、外国からも注目を浴びました。その結果、国内に留まらず世界からより技術の高い人材を集めることに成功したのです。

2018年時点で楽天の全社員の2割が外国籍の方、新規採用のエンジニアでは7割以上が外国籍の方だと言われています。これは、楽天が世界からも注目を集めているという証です。

楽天の英語社内公用語化の失敗点

ダーツに矢が刺さっている写真です。
Photo byPIRO4D

社内公用語が英語化されたことによって多くのメリットがありましたが、その陰には失敗もありました。

失敗点①英語嫌いな社員の離職

社内公用語を英語にするために、会社は社員の英語力アップに手厚いサポートをしました。しかし、どうしても「英語が嫌い」な方もいるのが実情で、中には転職を選んだ方もいました。技術があるにも関わらず、「英語化」のために優秀な人材が離れてしまったことは会社にとっても痛手となりました。しかし、現在では世界レベルで優秀な人材を集めることができているので、過去の痛手は十分にカバーできています。

失敗点②業務ペースの低下

社内公用語を英語にした当初、社員の英語レベルには大きな差がありました。そのため、同じ物事を英語で伝えようとしているにも関わらず、それぞれが異なった英単語やフレーズで表現するために意思疎通に苦労しました。

そのため、楽天はそれらを改善するために、業務に必要な英単語やフレーズ集を作成しました。現在では、それを基に社員たちが共通の表現で意思疎通を図り、コミュニケーションもスムーズに行われています。

楽天の英語社内公用語化のまとめ

手に地球儀を持っている写真です。
Photo byartistlike

社内の公用語を英語化するためには、かなりの苦労があります。その分、それが成功した暁には会社に大きなメリットをもたらしてくれます。日本の人口減少やグローバル化に伴い、今後、世界を相手にビジネスする機会も増えていくでしょう。いつでも英語で即戦力になれる準備を、私たちも今から始めておいた方が良さそうですね。

今回の記事は、三木谷社長や英語化に関わった担当者たちのインタビュー記事などをもとに作成しています。より詳しくお知りになりたい方は、ぜひ以下の記事もご一読ください。

英語公用語化から7年、楽天はこう変わった (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
 2010年、楽天の「社内公用語の英語化」宣言は社会に大きな衝撃を与えた。導入から7年、現場で英語はどのように浸透し、会社はどう変わったか。社内公用語英語化のリーデイングカンパニーの取り組みと現状を、...
楽天は英語公用化でどう変わった?担当者に直撃:日経ビジネス電子版
2010年に英語公用語化を宣言し、第一次英語公用化ブームの口火を切った楽天。その施策は他の公用語化企業と比べても最も急進的な内容だった。あれから7年で社内はどう変わったのか、公用語化の果実は得られたのか。担当者に話を聞いた。
楽天は「英語公用語化」でどう変わったのか | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
社内の公用語を英語にする――。2010年の年頭スピーチで三木谷浩史・会長兼社長がそう宣言してから早8年。楽天社内の様子は着実に変化している。約2年間の準備期間を経て、楽天が本格的に英語を社内で公用語化した…
全文表示 | 楽天を「英語」がいやで辞めた社員 「いるが、思うほど多くない」と三木谷社長 : J-CASTニュース
楽天で「完全英語公用語化」が2012年7月1日に始まるのを前に、三木谷浩史社長兼会長が6月29日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演した。著書「たかが英語!」(講談社)の発売を記念したもので、冒頭発言と質疑応答のすべてを流ちょうな英語でこなした。三木谷氏は、「グローバル化するためには英語が不可欠」などと説明。
全文表示 | やっぱりいた… 楽天英語公用語化で「取り残されてしまった人たち」 : J-CAST会社ウォッチ
前回の記事では、楽天の英語公用語化でメリットを感じている人たちの声を集めたが、その陰には流れにうまく乗り切れず苦労している人もいる。「中堅スタッフの中に、うつになって休職したり退職したりする人が割といるようです。一般社員は断片的にしか聞いていないのですが、会社は全社的な実態を把握しているという噂です」(20代の女性事務職)うつの原因のひとつは、TOEICのスコアに対するプレッシャーだ。

関連する記事

RANKING

本田圭佑も受講中の英語スクール >