【決定版】シャドーイングとは?人気の勉強法の効果・やり方を徹底解説!

【決定版】シャドーイングとは?人気の勉強法の効果・やり方を徹底解説!

英語を勉強しているとよく耳にするトレーニング法である、シャドーイング。しかしシャドーイングとは、いったいどんなトレーニングなんでしょうか?この記事では、シャドーイングの意味や効果とは何なのか、またレベル別のおすすめ教材についてご紹介します!

岡田さん

岡田さん

シャドーイングという英語の勉強法を見かけたんですが、シャドーイングとは一体何ですか?

ミランダ

ミランダ

シャドーイングは、英語のリスニング力アップに効果抜群のトレーニング方法よ!

岡田さん

岡田さん

そうなんですね!ぜひやり方を教えてください!

ミランダ

ミランダ

もちろん!じゃあ今回は、シャドーイングのやり方や効果を紹介していくわ!

コンテンツ [表示]

  1. 1シャドーイングとは?
  2. 1.1シャドーイングとは?
  3. 2シャドーイングの効果とは?
  4. 2.1シャドーイングはリスニングアップに効果的!
  5. 2.2リスニングの脳の働き
  6. 2.3シャドーイングの本当の効果
  7. 2.4シャドーイングは発音のレベルアップにも効果的!
  8. 3正しいシャドーイングのやり方とは?
  9. 3.1シャドーイングの正しいやり方とは?①:教材を用意する
  10. 3.2シャドーイングの正しいやり方とは?②:全体の意味を把握する
  11. 3.3シャドーイングの正しいやり方とは?③:音の変化を確認する
  12. 3.4シャドーイングの正しいやり方とは?④:オーバーラッピングを行う
  13. 3.5シャドーイングの正しいやり方とは?⑤:シャドーイングを行う
  14. 3.6シャドーイングの正しいやり方とは?⑥:セルフチェックを行う
  15. 4シャドーイングの効果を高める4つのコツ
  16. 4.1自分のレベルに合った教材を使う
  17. 4.2フィードバックをもらう
  18. 4.3完璧になるまで反復練習する
  19. 4.4他の力もまんべんなく鍛える
  20. 5初心者にもおすすめ!シャドーイング教材①
  21. 5.1VOA Learning English
  22. 5.2TOEICリスニング
  23. 6中~上級者におすすめ!シャドーイング教材②
  24. 6.1TED Talks
  25. 6.2POLYGLOTS
  26. 7みんなにおすすめ!シャドーイング教材③
  27. 7.1シャドテン
  28. 8シャドーイングでリスニング力をアップさせよう!

シャドーイングとは?

ヘッドフォンの写真
Photo bySplitShire

英語力を上げるトレーニング法として、最近人気の「シャドーイング」。

英語の勉強に取り組んでいる人なら、耳にしたこともあるのではないでしょうか。

ではいったい、シャドーイングとはどのようなトレーニングなのでしょう?

シャドーイングとは?

シャドーイングとは英語の動画や音声を、スクリプトを見ずに聞きながら、流れてくる音声を2、3語遅れてそっくりそのまま、影(shadow)のように復唱していくトレーニングです。

もともとは同時通訳を行う人のためのトレーニング方法として開発されましたが、通訳だけでなく外国語学習全般にその効果が認められ、今では英語初心者から上級者まで、多くの人が行うトレーニングになっています。

特に、英語のリスニング力をつけるために効果的であるとされ、英語コーチングの「プログリット」で展開されている「シャドテン」をはじめ、様々な英語スクールでトレーニングの一環として取り入れられています。

1日たった30分で英語がスラスラ聴ける|シャドテン
英語を聴いてマネて発音するだけ!英語のプロフェッショナルがあなたの発音を毎日添削。科学的に証明されたシャドーイングという学習法に特化したシャドテンだからこそ、飛躍的にリスニング力が向上します。
【完全版】シャドーイングとは?やり方・効果・教材を徹底解説のイメージ
【完全版】シャドーイングとは?やり方・効果・教材を徹底解説
この記事では、「シャドーイングのやり方がわからない」「一度挑戦したが続かなかった」という方のために、シャドーイングの正しいやり方を細かく解説しています。シャドーイングを進める中で、多くの方がつまずく部分の対処法も解説していますのでぜひご覧ください!

シャドーイングの効果とは?

水滴の写真
Photo byqimono

音声を聞きながら英語を復唱するトレーニングである、シャドーイング。

英語のリスニング力強化に効果的と言われていますが、具体的にどのような効果のあるトレーニングなのでしょうか?

シャドーイングはリスニングアップに効果的!

シャドーイングは、英語の音声を聞きながら、少し遅れて自分も復唱するというトレーニングです。

そして、シャドーイングの一番の肝は「できるだけお手本の音声を真似て復唱する」ということです。

この、「真似て復唱する」という行為が、リスニング力アップに効果抜群なんです!

リスニングの脳の働き

シャドーイングの効果について詳しく解説する前に、まずは英会話を行う際に、脳がどのような働きをしているか確認していきましょう。

下の図は、応用言語学・第2言語習得論に基づき、英語コーチングサービス「プログリット」が提唱している「英語学習の5ステップ」理論です。

英会話の5ステップ理論

この理論によると、英語のリスニングは「音声知覚」「意味理解」の2ステップからなっています。

「音声知覚」のステップでは聞こえてきた音を言葉として認識することが、「意味理解」のステップでは認識した言葉の意味を理解することが行われているのです。

シャドーイングの本当の効果

シャドーイングは、「音声知覚」と「意味理解」からなるリスニングの2ステップのうち、「音声知覚」の力をつけるためにぴったりのトレーニングです。

シャドーイングのトレーニングの中では、英語ネイティブが話す音声をできるだけ忠実にまねて発音することが求められます。また、忠実にまねるためには、ネイティブ特有の音の変化やアクセントなど、普段は意識しない細かい点まで注意しなければなりません。

そのため、シャドーイングを繰り返すことで、英語初心者だと聞き逃してしまうような細かい音も、言葉として聞き取れるようになり、「音声知覚」の力がアップするのです。

シャドーイングは発音のレベルアップにも効果的!

もちろんお手本の音声を真似るトレーニングであるシャドーイングは、発音のレベルアップにも効果的です!

特にシャドーイングでは、プロソディと呼ばれる英語特有のリズムやイントネーションを身につけることができます。

プロソディは発音記号などで表すことが難しいので、ネイティブの英語に多く触れることでしか習得することができません。ネイティブの話す英語を注意深く聞きながら真似するシャドーイングは、プロソディを身につけるにもピッタリなのです。

正しいシャドーイングのやり方とは?

ヘッドフォンを首にかけた女性の写真
Photo byFoundry

ここからは、シャドーイングの効果的なやり方についてご紹介していきます。

シャドーイングに初めて挑戦する方も、自分のやり方が正しいか知りたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

シャドーイングの正しいやり方とは?①:教材を用意する

シャドーイングをする際には、まず英語の音声と、その音声が文字起こしされたスクリプトが必要になります。

シャドーイングは、完璧になるまで同じ教材を繰り返し練習することが大切であるため、あまり長い音声を使わないことがコツです。目安としては、1分程度の音声を教材に使い、1日に30〜50回程度繰り返して(30分~1時間程度)トレーニングするのがおすすめです。

映画などの長い音声を使ってシャドーイングをしたい場合も、長い音声のまま使うのではなく、ワンシーンを1分程度に切り取って使うようにしてください。

シャドーイングの正しいやり方とは?②:全体の意味を把握する

音声とスクリプトを用意したら、いよいよトレーニングスタートです。

音声を数回聞き、スクリプトを見ながら内容が分からない部分がないかを確認しましょう。

「先に意味を調べてしまっていいの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、むしろシャドーイングでは意味が完璧に分かる状態にしておくことが大切です。

シャドーイングは音声知覚の力を鍛えるトレーニングであり、音に細心の注意を払うことが大事です。そのため、意味が分からない部分があると、そこに気を取られ、音から注意が外れてしまうからです。

また、正しい意味や発音を知らない単語を、なんとなく音だけ真似して発音していても、英語力アップにはつながりません。

したがって、知らない単語や難しい表現があれば、このタイミングでしっかりと調べておきましょう。

シャドーイングの正しいやり方とは?③:音の変化を確認する

内容をクリアにしたら、次は音声を数回聞きながら音の変化をチェックしましょう。

音の変化とは、ネイティブスピーカーが自然な速度で話すときに起こる発声音の変化のことを言い、具体的には、単語同士が繋がったり(リンキング)、文末の「p,b,k,g,t,d,」の音が消えたり(リダクション)することを指します。

シャドーイングをする際は、この音の変化をしっかりと捉えて真似することがとても重要になるので、このステップを省略することのないようにしましょう。

音の変化チェックは、後から見ても分かりやすいよう、写真のようにスクリプトにメモしておくのがコツです。

音の変化のメモ

また、音の変化については下の記事で具体的にご紹介しているので、あわせてご覧ください。

英語のリエゾン(リンキング)とリダクションの習得がリスニング力アップの鍵?!のイメージ
英語のリエゾン(リンキング)とリダクションの習得がリスニング力アップの鍵?!
日本人がネイティブの英語を聞き取れない大きな原因の1つに、「リエゾン(リンキング)」「リダクション」などの「音の変化」が聞き取れないことがあげられます。この記事では、リエゾン(リンキング)、リダクションを始め、英語の音の変化についてご紹介していきます。

シャドーイングの正しいやり方とは?④:オーバーラッピングを行う

オーバーラッピングとは、英語の音声を聞きながらそれに合わせて、スクリプトを音読するトレーニングのことです。

シャドーイングの前にオーバーラッピングをすることで、その教材で使われている英語の抑揚や強弱などに慣れることができます。

目安として、オーバーラッピングを10回程度行ったら、次のステップに進むようにしましょう。

オーバーラッピングの具体的なやりかたは、こちらの記事をご覧ください!

オーバーラッピングで英語のリスニング力を伸ばす!シャドーイングとの違いも解説!のイメージ
オーバーラッピングで英語のリスニング力を伸ばす!シャドーイングとの違いも解説!
英語のリスニング学習のメソッドのひとつとして「オーバーラッピング」がありますがご存知ですか?今回は、オーバーラッピングとは何かや、よく比較されるシャドーイングとの相違点、そしてオーバーラッピング を利用した効果的なリスニングの訓練方法をご紹介します。

シャドーイングの正しいやり方とは?⑤:シャドーイングを行う

シャドーイングでは、スクリプトを見ずに英語の音声を2、3語遅れて復唱していきます。音の変化やイントネーションなど、音声を細かい部分まで忠実に、そっくりそのまま真似するのがコツです。

トレーニング時間の目安は60分程度で、同じ教材を使って徹底的に反復練習することが、上達に繋がります。

初心者の方でどうしてもシャドーイングするのが難しいという方は、オーバーラッピングを繰り返しましょう。長すぎて途中からついていけなくなるという方は、1分間の音声を半分に分けて、30秒の音声でシャドーイングするというやり方もあります。

シャドーイングの正しいやり方とは?⑥:セルフチェックを行う

60分程度シャドーイングしたら、スマホなどで自分の英語を録音し、教材の英語と聞き比べてみましょう。

完璧にできたと思っていても、録音を聞いてみるとシャドーイングできていない部分がたくさん見つかるはずです。

セルフチェックのポイント

  • 抜けている単語はないか
  • 音の変化を真似できているか
  • 発音が正しいか
  • 抑揚・強弱を真似できているか

シャドーイングは音源をそっくりそのままマネして発音することで効果が出るものなので、音源の通りに発音できているかを確かめるセルフチェックのステップは、とても重要です。

改善点がなくなって完璧にシャドーイングできるようになるまで、同じ教材(課題)を使って何度もトレーニングしましょう。期間としては、3~4日間同じ教材に取り組むのがおすすめです。

また、2日目以降は①〜④のステップを省略して、シャドーイングからトレーニングを開始するようにしましょう。

シャドーイングの効果を高める4つのコツ

コンパスの写真
Photo byGhinzo

ここからは、先ほど紹介したシャドーイングの正しいやり方に加えて、シャドーイングの効果を高めるためのコツを4つご紹介していきます。

自分のレベルに合った教材を使う

効果的なシャドーイングのトレーニングをするうえで最も重要なことは、自分に合ったレベルの教材を使うことです。

自分のレベルに合っていない、早口の難しい英語を聞きながらシャドーイングをしても、それほど効果を得ることはできません。

英語初心者ならゆっくり、はっきりとした英語を、中級者以上なら少し難しい英語を聞くなど、自分のレベルにあった英語教材を使ってシャドーイングをするようにしましょう。

洋画・海外ドラマに注意!

特に、海外ドラマや洋画をシャドーイングの教材として使おうとする場合は、注意が必要です。

これらは英語ネイティブが視聴することを前提に作られているため、会話のスピードが速く、また単語も難しいので、英語学習者にとっては難しすぎる場合が多いです。

英語初心者の場合は、アナウンサーが話すようなはっきりした英語を教材にしてシャドーイングをする、中級者は映画でもディズニー映画のような、難しい単語の少ない映画を使うなど、自分に合ったレベルの教材を使うことが、シャドーイングで効果的にリスニング力を伸ばすために大切です。

こちらの記事では、英語学習におすすめの洋画をレベル別にピックアップしていますので、映画を使ってシャドーイングをしたいという方は、こちらも参考にしてみてください。

英語学習に最適な映画10選|英会話の勉強になるおすすめ教材とは?のイメージ
英語学習に最適な映画10選|英会話の勉強になるおすすめ教材とは?
英語を身に付けるために必要なのは正しい学習法でのトレーニング。とはいえ時にはモチベーションが落ちてしまうこともあるでしょう。そんな時におすすめしたいのが「映画を見る」勉強法。英語習得に役立つ映画を見ることで、英会話力を身につけましょう。

フィードバックをもらう

シャドーイングを効果的に行うためには、他の人からフィードバックをもらうことも大切です。

自分一人だけでシャドーイングを続けていると、自分の発音の悪い癖や、リスニングにおける弱点に気づくことができません。

その結果、トレーニングを長期間こなしても、なかなかリスニング力が上がらないという事態になってしまいます。

それを避けるためには、英語に熟達した他者からフィードバックを受けることが重要です。

例えば、「シャドテン」のようなシャドーイング添削サービスを用い、プロの目線でのアドバイスをもらうようにしましょう。

1日たった30分で英語がスラスラ聴ける|シャドテン
英語を聴いてマネて発音するだけ!英語のプロフェッショナルがあなたの発音を毎日添削。科学的に証明されたシャドーイングという学習法に特化したシャドテンだからこそ、飛躍的にリスニング力が向上します。

完璧になるまで反復練習する

シャドーイングの効果を高める3つ目のコツは、「完璧になるまで反復練習をする」ということです。

シャドーイングは、教材であるネイティブの音声を、どれだけ正確に真似できるかで効果が変わってきます。

逆に言えば、中途半端な精度でしか真似できていない場合は、シャドーイングの効果が出てきません。

短期間、数回シャドーイングをしたら次の教材に移るのではなく、3~4日などある程度の期間をもって、完璧にネイティブの発音を真似できるまで一つの教材を繰り返すのが、正しいやり方です。

他の力もまんべんなく鍛える

シャドーイングをする上での最大の注意点は、「シャドーイングだけで英語力が上がるわけではない」ということです。

シャドーイングは確かにリスニング力や発音の力を上げるのに、非常に効果的なトレーニングです。

しかし、シャドーイングだけをしていても効果的に英語力を上げることはできません。

英語力は、リスニング、スピーキング、文法、単語など様々な要素から成り立っており、それぞれの力を上げるにはそれぞれ適したトレーニング方法があります。

シャドーイングだけで全ての力を上げることはできないので、英語を話せるようになりたいなら、様々なトレーニングをバランスよく行うようにしましょう。

シャドーイングの効果を高めるコツ

  • 自分のレベルに合った教材を使う
  • フィードバックをもらう
  • 完璧になるまで反復練習する
  •           他の力もまんべんなく鍛える

初心者にもおすすめ!シャドーイング教材①

絵を描いている子供の写真
Photo bypicjumbo_com

ここからは、シャドーイングをするにあたっておすすめの教材をご紹介していきます。

まずは、初めてシャドーイングに挑戦する方や、英語初心者の方におすすめの教材を2つご紹介します。

VOA Learning English

まずは、「VOA Learning English」というアプリをご紹介します。

こちらは、アメリカの国営ラジオ局「Voice Of America」が英語学習者(特に英語初心者)向けに作成しているアプリであり、ニュースを題材に英語を学ぶことができます。

「VOA Learning English」は、英語学習者に合わせて、

  • ゆっくりなスピードの英語
  • 難しい単語を使っていない文章
  • スクリプト付き
などの特徴があります。

また、英語を読み上げているのはアメリカのアナウンサーですので、正しい発音を学ぶにはぴったりの教材です。

Learn American English Podcast

Learn American English Podcast

TOEICリスニング

続いて、TOEICのリスニング問題をご紹介します。

TOEICのリスニング問題は、英語学習者のシャドーイングにちょうどいいスピードになっており、脱・初心者の最初のステップにおすすめです。

また、TOEICの問題は実際のビジネスシーンを想定して作られた質の高いものであり、実際に仕事で英語を使う方には特に参考になるものが多いです。

TOEIC受験をされる方にとっても、TOEICリスニング問題を使ってシャドーイングをすることで、実際の問題のスピードや構成に慣れることができ、本番でも高得点が望めます。

公式TOEIC® L&R 問題集 7

参考価格: 7,042円

出典: Amazon
Amazon7,042円
楽天

中~上級者におすすめ!シャドーイング教材②

パソコンに向かっている女性の写真
Photo byFree-Photos

ここでは、TOEICで600点以上の英語力をもつ英語中級者や、さらに高いレベルを目指す上級者の方に、おすすめの教材をご紹介します。

TED Talks

無料でハイレベルな英語をたくさん聞きたいという方におすすめのシャドーイング教材は、英語スピーチの「TED Talks」です。

TEDとは、アメリカで行われている大規模な講演会であり、公式YouTubeや公式アプリ上でたくさんのスピーチ公開されています。

スピーチのレベルや速さも、簡単なものから難しいものまでいろいろとそろっており、自分にぴったりのものが見つかるのでおすすめです。

また内容も、最新の研究結果やビジネストレンドなど、特に学生やビジネスパーソンの方々にとっては興味深いものが多いと思いますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

POLYGLOTS

有料のサービスの中でおすすめなのは、『POLYGLOTS』というアプリです。
 

スマホで簡単に、隙間時間で英語学習をできるアプリとして人気のPOLYGLOTSですが、シャドーイングにもおすすめの教材です。

特に、

  • 再生速度を自由に変えられる
  • 毎日新しいコンテンツが追加される
など、有料なだけあって、シャドーイングに便利な機能がそろっています。

ただし、有料版では毎月利用料がかかるため、長期間続ける場合は、少しお金がネックになります。

本気で英語の勉強をしたい方、短期間で集中して勉強したい方にはおすすめです。

英語 ニュースで生きた英語力を習得 - POLYGLOTS

英語 ニュースで生きた英語力を習得 - POLYGLOTS

みんなにおすすめ!シャドーイング教材③

字を書いている人の写真
Photo byPexels

最後に、英語初心者から上級者まで、様々なレベルの人におすすめの教材をご紹介します。

シャドテン

英語初心者から上級者まで、様々な人におすすめできるのが、英語コーチングのプログリットが運営しているサービスである「シャドテン」。

こちらでは、プロのスタッフがあなたのシャドーイングを毎日添削し、改善点を教えてくれます。

また、自分の英語力や、英語を使うシチュエーションに合わせた教材を、スタッフが厳選してくれるため、自分にとってベストの教材で効率よく英語力を伸ばすことができます。

月額性のサービスとなっているので、少しコストはかかりますが、

  • プロのアドバイスをもとに着実に英語力をつけたい
  • 忙しいので効率よく勉強したい
  • 自分一人だとシャドーイングを継続することができない
のように考えている方は、ぜひ試してみてください。

1日たった30分で英語がスラスラ聴ける|シャドテン
英語を聴いてマネて発音するだけ!英語のプロフェッショナルがあなたの発音を毎日添削。科学的に証明されたシャドーイングという学習法に特化したシャドテンだからこそ、飛躍的にリスニング力が向上します。

初心者にも添削は必要?

シャドーイングをする上では、「シャドテン」のような添削サービスを利用するのが最も効果的。とはいえ、「初心者だからお金をかけずにシャドーイングをしたい」と考えている方もいると思います。

しかし、実は初心者にこそ添削サービスはおすすめなんです!

その理由は、大きく2つあります。

1つ目は、正しいやり方でシャドーイングを行えば、初心者の方が大きなレベルアップを見込めるから。発音に余計なクセがついていない英語初心者ほど、プロの添削を受けることで、短期間で英語力をつけることができるのです。

2つ目は、初心者の方にとって、ちょうどいいレベルの教材を自分だけで見つけることは難しいから。

シャドーイングをする際に、海外ドラマなどを教材に使おうとする英語初心者の方は数多くいますが、それでは英語力を効果的に伸ばすことはできません。なぜなら、海外ドラマなどは、英語初心者にとって難しい単語や表現が多く含まれてるうえ、スピードも速く、レベルが合っていないから。初心者の方に適切な、難しい単語などが少なく、訛りがなく綺麗な発音の教材を探すのは、かなり難しいのです。

これらの理由から、初心者にこそシャドーイング添削サービスはおすすめです。「私には難しいんじゃないか……」などと考えず、一度試してみてください!

1日たった30分で英語がスラスラ聴ける|シャドテン
英語を聴いてマネて発音するだけ!英語のプロフェッショナルがあなたの発音を毎日添削。科学的に証明されたシャドーイングという学習法に特化したシャドテンだからこそ、飛躍的にリスニング力が向上します。

シャドーイングでリスニング力をアップさせよう!

ジャンプしている男性の写真
Photo byFree-Photos

ここまで、シャドーイングの効果や正しいやり方についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

リスニング力や発音をレベルアップさせるうえで効果的な、初心者から英語上級者までおすすめのトレーニングである、シャドーイング。

少し難しいと感じる方もいるかと思いますが、ぜひ挑戦してみてください!

とはいえ、自分一人でシャドーイングをするのはなかなか難しいこと。自分に適したレベルの教材を見つけ、効果的なやり方でのトレーニングを長期間続けるのは簡単ではありません。

そこでおすすめなのが、自分の課題や適切な英語学習方法について、まず英語学習のプロに相談してみるということ。

英語コーチングのプログリットでは、英語をうまく話せない原因を無料の英語力診断にて特定し、それを克服するために最適なトレーニングをお教えいたします。

また、これまでの受講生の方々のデータから、学習を継続させるメソッドやノウハウも蓄積されております。

英語を習得したいと考えていらっしゃるのであれば、是非一度プログリットの無料カウンセリングに行ってみることをおすすめします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【決定版】英語シャドーイングとは?|初心者にも効果的なやり方・コツを紹介!のイメージ
【決定版】英語シャドーイングとは?|初心者にも効果的なやり方・コツを紹介!
シャドーイングはリスニング力を上げるトレーニング方法として有名ですが、本当に効果はあるのでしょうか?この記事では、シャドーイングとは何かやその効果について、そして具体的なやり方やコツについてご紹介します。英語学習初心者の方から上級者の方まで、皆様ご覧ください。
オーバーラッピングで英語のリスニング力を伸ばす!シャドーイングとの違いも解説!のイメージ
オーバーラッピングで英語のリスニング力を伸ばす!シャドーイングとの違いも解説!
英語のリスニング学習のメソッドのひとつとして「オーバーラッピング」がありますがご存知ですか?今回は、オーバーラッピングとは何かや、よく比較されるシャドーイングとの相違点、そしてオーバーラッピング を利用した効果的なリスニングの訓練方法をご紹介します。
リスニングのコツ4選|ネイティブの発音を聞き取るために大切なこととは?のイメージ
リスニングのコツ4選|ネイティブの発音を聞き取るために大切なこととは?
この記事では、ネイティブの英語を聞き取るためのコツを4つご紹介していきます。ネイティブ英語聞き取りのコツに限らず、リスニングのトレーニングにおいて共通して大事な要素が盛り沢山なので、リスニング力を上げたい方はみなさまご覧ください。
Tokio Yamaguchi

Tokio Yamaguchi

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学に一年間の交換留学。経営学部で現地の学生と机を並べて勉強しながら、レストランでのアルバイト、日本語講師のボランティアなどを行っていた。TOEIC975点、IELTSバンドスコア7.0取得。


関連記事

RANKING