あなたがTOEIC800点を取れない原因4選|解く順から復習方法まで徹底解説

あなたがTOEIC800点を取れない原因4選|解く順から復習方法まで徹底解説

「あと一歩800点に届かない」「どれだけ対策をとっても点数が上がらない」とTOEICの試験対策でお困りではありませんか?
この記事では、TOEIC受験経験者、特に600点700点は取れたのに800点の壁を超えられないという人が陥りがちなミスを紹介していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1TOEIC800点は簡単に取れるスコアなのか?
  2. 1.1動画版を視聴したい方はこちらから
  3. 2TOEIC800点が取れない原因①:【リスニング】問題文の先読みに徹し過ぎている
  4. 2.1先読みデメリット①:オンライン受験に対応しにくい
  5. 2.2先読みデメリット②:音声が流れている問題を認識する力が低下する
  6. 3TOEIC800点を取るための本番時の問題の解き進め方
  7. 3.1ハイスコアを狙える解き進め方
  8. 4TOEIC800点が取れない原因②:【リーディング】文章全てを読んでいない
  9. 5TOEIC800点を取るために読むべき箇所2つ
  10. 5.1読むべき箇所①:Part6は全て読む
  11. 5.2読むべき箇所②:Part7の冒頭タイトル
  12. 6TOEIC800点が取れない原因③:【リーディング】飛ばすべき問題を知らない
  13. 6.1200問中33問間違えても800点は取れる
  14. 7TOEIC800点を取るために飛ばすべき問題
  15. 8TOEIC800点が取れない原因④:復習をしない/優先度が間違っている
  16. 9TOEIC800点を取るための復習方法と順番
  17. 9.1復習の順番
  18. 10TOEIC800点が取れない原因まとめ

③Part7のダブル・トリプルパッセージ

③Part7のダブル・トリプルパッセージの2/5問は、時間をかけなければ解くことができず、かつ難易度が高い問題です。

Part7では、目安55分で、23個の長文を読まなければならないため、時間内に解き終わらない方が続出します。

全ての問題に目を通すよりは、解けるものを素早く解答していく方が効率的なので、ここでは一文章に対して5個ある設問の内、時間のかかる2問は、すぐに答えが見つかりそうになければ、一旦飛ばす判断をしましょう。

TOEIC長文対策|Part7高得点を狙うための勉強法・解き方のコツとは?のイメージ
TOEIC長文対策|Part7高得点を狙うための勉強法・解き方のコツとは?
この記事では、TOEIC Part7長文問題の効果的な勉強法や解き方のコツ、おすすめ参考書についてご紹介していきます。「Part7が時間内に解き終わらない」「とはいえ、急いで解くと内容が頭に入ってこない」といったお悩みをもっている方、要チェックです!

正答すべき問題

対して、正答すべき問題というのは、

  • Part7のシングルパッセージ
  • Part7のダブル・トリプルパッセージの3/5問 です。

TOEIC Part7の出題傾向をみると、シングル:ダブル:トリプルの出題比率は5:2:3の割合になっています。

シングルパッセージでは設問が2-4問用意されています。後半のパッセージにいくにつれ、1文章に対する設問数が多くなります。とはいえ、ダブル・トリプルパッセージに比べると難易度は低いので、正答したい問題です。

ダブル・トリプルパッセージでは、1文章に対し設問が5つ用意されている内、800点を取るのであれば、先ほどお伝えした時間のかかる2問を除いた5問中3問を正解する必要があります。

TOEIC800点が取れない原因④:復習をしない/優先度が間違っている

復習の優先度の困る女性
Photo bykaboompics

TOEIC800点取れない人が陥入りがちなミス4つ目は、「復習をやっていない/復習の優先度が間違っている」ということです。
 

600-700点まで取れている方は、今回不正解だった箇所を次回以降どう正解できるようになるか復習することでスコアアップができます
 

模試をやって採点だけで終わらせているのであれば、点数の伸びしろを捨てていることになります。

 

そもそも問題集を使い、模試を実施する意義は以下の2つにあります。

  1. 時間感覚を掴み、問題に慣れる
  2. 苦手を掴み対策のヒントにする
復習をしないということは、2.が達成できないので、苦手がいつまで経っても苦手のままになり、正しい対策も立てられず成長できません。
 

TOEIC800点を取るための復習方法と順番

優先順位をつけた表を持つ男性
Photo bygeralt

「復習は時間かかるし面倒臭い」「どこからやったら良いか分からない」という方のために、ここでは復習方法と有効な順番をお伝えします。

復習の順番

復習時の優先順番

  • リスニングPart 3Part 4 → Part 1 → Part 2
     
  • リーディングPart 5Part 7 → Part 6

※問題数が多いPart3、4、5、7は、8割を切ると800点は取れない可能性が高いので、この4つのパートの復習を優先し、8割超えを目指すようにしましょう。

復習する際は上記の順で復習することをおすすめします。
ピンときていない方もご安心ください。例を使いさらに詳しく解説していきます。

例えば、TOEICの試験で以下のような正答率の人がいた場合、

Part 1 2 3 4 5 6 7
正答率 (%) 70 80 70 80 60 70 50

8割を超えてないパート1, 3, 5, 6, 7は必ず復習しなければならないのですが、その中でも優先度をつけ、リスニングではPart3を復習してからPart1。リーディングではPart5を復習してからPart7、Part6の順で復習をするということです。

試験全体的に見るとPart 3 → Part 5 → Part 7 → Part 6 → Part 1 の順で復習するのが理想的です。

また、このような正答率の人がいたとしたら、
Part 1 2 3 4 5 6 7
正答率 (%) 60 60 90 70 80 80 60
 
8割を超えていないPart 1, 2, 4, 7のうち、優先度上位の Part7→4→1→2 の順で復習しましょうということです。

優先度の付け方はご理解いただけたでしょうか?

復習する際は
  1. パートごとの正答率を確認。
  2. 正答率が8割切っているパート復習の優先順位が高いパートを比較。
  3. 順位づけてから復習する。
こちらを意識するだけで、800点を取得するために効率良く復習できます!
 

なぜPart1, 2, 6は復習の優先度をさげても良いの?

・Part1は難易度が低い&問題数が少ないから。
・Part2は対策が取りづらく、どちらかと言うと集中力と問題慣れが必要だから。
・Part6はPart5とPart7の合いの子のような存在で、Part5のPart7の対策ができれば自然にPart6の点数伸びる傾向があるから。

TOEICで800点を超えられない原因4選

  • 問題文の先読みに徹しすぎている
  • 文章全てを読んでいない
  • 飛ばすべき問題を知らない
  • 復習をしない/仕方が間違っている

TOEIC800点が取れない原因まとめ

勉強する男性
Photo byStockSnap

さて、いかがだったでしょうか? 今回は、あなたがTOEICで800点を超えられない原因4選ととるべき行動を解説しました。

冒頭でもお伝えした通り、TOEICにおいて高スコアを狙うのであれば、ここでお伝えした4つのポイントを意識し、対策してみてください!

しかし、いざTOEIC対策を始めようと思っても、何から手をつければいいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。勉強法や教材は世の中に溢れていますし、どれがベストなのか自分で判断するのは簡単ではありません。

「時間とお金だけ費やして、結局スコアが上がらなかった」という最悪の事態を避けるためにおすすめなのが、「TOEIC対策のプロに、ベストなやり方を聞く」という方法です。

しかし、英語系のスクールはたくさんあるし、どれを選べば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめなのが、英語コーチングの「プログリット」です。

できるだけ時間をかけず効率的に目標を達成するためには、自分の課題が何で、それを克服するためには何が必要なのかを正しく理解した上で学習する必要があります

プログリットでは、専属のコンサルタントがあなたの英語力における課題を解明し、最適な学習プラン・カリキュラムを構築し、学習の継続を徹底サポートしてくれます。

最短で目標スコアを到達したいという方は、まずはプログリットの無料カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?現状の英語力診断をした上でそれぞれの課題を明確にし、最適なカリキュラムを提案してもらうことができますよ。

2ヶ月間でTOEIC735→895の160点アップ。秘訣は「周囲への宣言」と「プロに従う」こと。 -外資系製薬企業勤務 K.Iさんのイメージ
2ヶ月間でTOEIC735→895の160点アップ。秘訣は「周囲への宣言」と「プロに従う」こと。 -外資系製薬企業勤務 K.Iさん
2ヶ月間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、英語学習コンサルティング『プログリット』。今回は、長年伸び悩んだスコアを上げることを目的に受講を開始し、2ヶ月間でTOEICスコアを735点から895点までアップさせたK.Iさんにお話をお伺いしました。

TOEICに限らず、最近話題のシャドーイングなどに関する動画を多数投稿しているので、これを機にぜひまりあの英語コーチングもチェックしてみてくださいね!

前へ
Kotono

Kotono

プログリットメディア所属。高校時代にイギリスでホームステイを経験。大学3年次にチェコで1年間の交換留学を経験。在学中に学んだ第二言語習得論の知識を生かし、英語の他にフランス語とチェコ語が話せます。英語学習の記事を通し、言語を学ぶ楽しさをお伝えしていきます!


関連記事

RANKING